光陰矢のごとし

師走でごわす。(韻を踏んだつもり?)


私の住まいの近隣には11月下旬よりクリスマスのイルミネーションが点いています。
例年のことですが、今年は昨年までとはいささか事情が異なるので妙な気分です。


006.JPG


長引く不況でギフトが売れない明太子業界で毎年売り上げを更新し続けている千曲屋さんの本社ビルの横の工場のイルミネーションも面白い。


002.JPG


イルミネーションだけだと分かりづらいが、船をモチーフにしたものです。



振り返ると今年は3月の震災により世の中が大きく変わりました。



夏の電力会社の節電要請以来我が家でもカミサンがナーバスに電気をアチコチ切って回っています。(笑)



節約・節電と言う言葉は企業にも波及し、大手スーパーのイオングループなどでは薄暗い売り場で営業を行っていることは周知のことである。



九州にいると津波の被害も放射能による汚染もほとんどピンとかないお話ですが、街角でも原子力による電力を作ることを反対する署名運動が度々行われています。



今すぐにすべての原子力発電をストップするするわけにはいかないのは誰が考えても自明の理ではあるが、
過日九州電力が将来的に原子炉を廃止するために2035年までに電力料金にその費用を上積みするようなことが西日本新聞に載っていたと記憶している。



やらせメール問題も何ら解決せぬまま、引責辞任するはずの代取も会長の後押しでそのまま居座る始末の企業が考えそうなことである。


責任転嫁どころか廃炉にして使用済み核燃料を処理する費用を住民負担にするなどまことにもってふざけたお話だ。


自分たちのフトコロは痛めずにツケを住民に押し付けるような格好ではないか?



政治家の皆さんは何を黙っているのでしょうか?



こんなことばっかりやってる連中だとしたら、期待すべきでもないのだが。(苦笑)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/275933



水戸黄門の勧善懲悪が懐かしい。


番組が廃止になるのはマンネリ化ではなく、悪代官のような方はどこにでもいるが、肝心の黄門様がいないことに僻僻した視聴者の怒りかもね?








posted by ジャズフィッシュ at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!