おいらの真似をしなさんな!!本当にバカになりますよ!

昨日中央埠頭で1時間で何がどれぐらい釣れるのだろうか?、という酔狂なことを試してみました。


時間はおよそ5時スタートです。


エサはアオムシ。
ハリはヤフオクで購入しました赤袖バリ9号。
ハリスはフロロの1・5号、オモリはガン玉6Bよりもやや大きなルアー用のシンカーでございます。


自分で時計を見ながら「よ〜い、スタート!!」
先日ここのポイントを探って状況を把握しましたので、おおよそヤツラがどこにいるかは知っています。(笑)


いつのもクーラーにビニール製の水汲みバケツ2杯分の海水を入れて戦闘開始。



15分ほど経過してこの釣果です。


006.JPG


お持ち帰りOK!のセイゴは釣れません。
どいつもコイツも20センチ前後の始末におけない連中です。


いっちょ前にエラ洗いなんかしますが、逃げられても、痛くもなければ痒くもありません。


1匹はエラ洗いしている時に竿をしゃくって、ワンハンドキャッチ。


「バカもんが!! 俺を舐めんなよ!!」と、言い聞かせてクーラーにドボン!!


時計を見ながら1時間経ったので、勝手に納竿です。


クーラーを引っくり返しますと、


007.JPG008.JPG


能古島で釣れたサイズのメバルも数匹。


009.JPG



勿論、デジカメで写真を撮った後はリリースです。
セイゴもすべてリリース。



1時間で見20センチ前後のミニセイゴ多数とミニメバル7匹。



ほぼ入れ食いで楽しいのですが、これじゃ〜お持ち帰りは出来ません。



6時になったので東浜の船溜まりに移動しましたが、
な〜んもアタリもなく、即納竿。


15分で東浜の船溜まりを去りました。(笑)
もはや来年の5月まで来ることもないと思います。


「あばよ!」と、言いつつ撤収。



次に向かったのは箱崎埠頭のバナナセンターです。



3機あるサーチライトのおかげで夜釣りには欠かせないLEDライトなど不要の場所です。



何も釣れずに只管ルアーを投げている会社帰りのルアーマンを横目にここでも小さいながら入れ食い。


ここでは中央埠頭と違いメバルの方が数が多いようです。


011.JPG012.JPG013.JPG


本日最大級の13センチほどのメバル。


014.JPG


すべてリリースです。


勿論こやつらも当然のように釣れます。


010.JPG


20センチから25センチの当歳セイゴ


すべてリリースですが、ここでも1時間でミニメバル20匹以上、ミニセイゴ10匹前後を釣ったと思います。


ですが、持って帰る獲物はゼロでございます。(苦笑)



楽しいのですが、空しさが残ります。



あの、25センチクラスのメバルは今、どこにいるのでしょうか?



たまたまと言うのは私は好きじゃ〜ありません。


釣りは釣るべくして釣る!


釣れた魚ではなくて釣った魚が欲しい昨今です。



今日はトータルでアオムシ50グラムのエサで50匹ほどのミニセイゴ、ミニメバルを釣りましたが、
私の真似をするのはおやめください。


もしかしますと、来年の4月ごろにはそれなりのセイゴとメバルが落とし込みで簡単に釣れるかもしれません。


この時期乱獲いたしますと、すべてが台無しになります。


私もこんな酔狂な釣りは慎みます。


よろしく、どうぞ。





















posted by ジャズフィッシュ at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!