釣行前のアクシデント

穏やかに暖かく、風もない釣り日和の日曜日、少し早めの3時くらいから釣りに出かけることにいたしましたが、クルマのエンジンがかからず一瞬、唖然。


バッテリーのところのランプが付いたままであることからバッテリーが弱っていることに気が付きました。



エンジンがかからなければ、車が動かず、釣りにも行けない・・・。



カミサンは自分のクルまで買い物にお出かけなので、カミサンのクルマも使えない。



もう2〜3度、キーを回すと、エンジンがかかったが、このような状態では釣り場でクルマが動かなくなることは必至。



2分ほどのところにあるジェームスというクルマ屋さんによってバッテリー交換をしてもらいました。



ボンネットを開けましてバッテリーを見ますと、20年の11月に交換しています。
丁度3年前の今月にでした。



突然の要らぬ出費よりも、「日曜日でお客さんが混んでいますから、多少お時間がかかりますが・・・!」と言う店員さんの言葉に意気消沈。



「なるべく早くしてね!」という言葉が通じたのか、修理が終わったことを知らせる携帯電話のようなモノが15分ほどして鳴りました。


バッテリー交換を済ませて一路ポイント築港店へ。


モエビを50グラム購入して、セイゴでも狙ってみるか・・と、中央埠頭の御笠川沿いのポイントに向かいました。


日曜日と言うこともあって釣り場はファミリー・フィッシングの方で満員御礼
国際センターの大相撲は満員御礼かどうか知りませんが、釣り場は満員御礼です。(笑)


003.JPG


すぐに他のポイントの事が脳裏に浮かびましたが、自転車に乗ってきて落としこみ釣りをしている青年と暫くお話いたしました。



私が苦手な肘宛が付いた黒鯛工房の竿に専用のリールを付けて、目印イトまでつけていました。



色々とお話をしているうちに、この時期にまだカラス貝を使っているので、エサのこと等について色々とお話ししますと、「カニが苦手で、特に今年はカラス貝で良い思いをたくさんしたので、未だにカラス貝を使っています・・」と言いつつ、「勤務先が倒産したので、エサ代がかからない釣りをしているんです。」と。



と、言いつつ青年はタモの柄の先にカラス貝を採るツールを取り付けてゴソゴソとカラス貝を採り始めました。(私のと同じモノです)


彼は、カラス貝のエサで今年45センチから50オーバーのチヌをかなり釣っているとのことでした。



穏やかな青年で、「来年は沖防に行ってみよう・・と、思っているんですが、釣れますかね〜?」なんて尋ねてくるので、「カラス貝で何枚も45から50センチオーバーを釣っているんだったら、楽勝よ!」などと、言ってしまいました。


気安目で言ったつもりはなく、湾奥でそれだけ釣れるんでしたら、沖防に渡ってある程度ポイントを覚えれば彼なら難なく釣れることと思います。



「来年は就職して、沖防デビューやね!!」と、私が言いますと、ニッコリと笑っていました。



彼はそのうち、中央埠頭の先端に場所を移動するとのことで、挨拶して自転車に乗ってその場を去りました。



バッテリー交換と青年とのお話に時間を費やしまして、結局いつもの時間からの竿出しです。(笑)



いかんせん釣り場所がなく、仕方なく海上保安庁の船の付近でモエビをハリに付け探りますと、小さなアタリがあるのですが、ハリに乗りません。


タナを換えてオーバーハングになっている部分の1ヒロ半ぐらいのところで、竿先を絞り込むアタリが・・・・。


なかなか良く引いてくれます。


今日は「何でもいいやモード」ですから、ハンドメイドの竿を使いましたので、竿が弓なり。


傍でルアーを投げていた青年が、タモで掬ってくださいました。


005.JPG


40センチちょいほどの精悍な顔つきをしたグラマラスなセイゴでした。



青年は、「よくそんな細い竿で釣れましたね〜!?」と驚かれていましたが、
ルアーロッドを使い慣れている方からすると、私が使っている竿はに見えるのかもしれません。(笑)


その後も25センチ前後のセイゴが入れ食い状態になりまして、釣ってはハリを外して海に投げ込むことの繰り返しで、ルアーマンの青年も苦笑い。


1ヒロぐらいのところで妙なアタリが時折あります。
明らかにフグではありません。


4センチほどあるモエビにアタックしてくる小さな魚の正体はコイツでございました。


006.JPG


10センチほどのチビ・メバル。


能古島にウジャウジャ湧いていたサイズのメバルちゃんです。


日が暮れて、「いよいよこれからだ!」と、思いつつ周辺部分を探りますが、アタリがほとんどありません。


あっても、チビメバルのアタリです。


夜はやはり、アオムシがマストアイテムなようです。


50グラムのモエビはかなり残っていますが、リリースして納竿。


日曜日にクルマ横付けの釣り場は考え物ですね。








posted by ジャズフィッシュ at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!