日本シリーズで釣りどころではないというあなたに!?

今日からソフトバンクVS中日の日本シリーズが火蓋を切りました。


落合監督の最後の監督としての意地がこの日本シリーズに炸裂しそうな予感が見事に的中。


延長10回で馬原に投げさせた秋山監督の采配ミスかもしれません。


私のようなド素人ですら岩瀬とのギャップを感じてしまいます。


こんな大舞台の1−1で投げさせれるような投手には思えません。


大量得点の時は逃げ切れても、つばぜり合いの時はまだまだ全幅の信頼が置ける投手ではないと、ド素人ながら思ってしまいます。


まあ、野球を面白くするには良かったのかも知れません。


明日からが楽しみです。


肝心の釣りの話ですが、暗くなるまで私は執拗に例のアナポコを攻めました。


006.JPG


すべての穴を丁寧に攻めるには4〜5時間はかかりますが、そんな時間の猶予もないので目ぼしい穴にエサを垂らしますと、


ここでは常連さんのクロソイが釣れました。


005.JPG



色は真っ黒で、釣れたときは何かサカナと言うよりは爬虫類のような顔をしています。(笑)


それからは、ほとんど入れ食い・・。


デジカメでイチイチ写している場合なんぞ・・・・ではございません。


オマケに手はアオムシのヌルヌルと釣れた魚のハリを外す際のヌルヌルでデジカメなんぞ触る気にもなれません。(笑)


釣ってはリリース。
釣ってはキープの繰り返し。


すべての穴には何かがいます。


薄暗くなるまでにキープした魚はご覧のとおり。
(実際に釣れたのはこの3倍以上・・・)


011.JPG


更にこの中から持って帰るモノを選別いたします。


013.JPG


これらのソイはキープです。


014.JPG


アイナメに良く似たクジメもキープですが、例年のように25センチぐらいのものは皆無でした。


015.JPG


何故、キープしていたのかが分からない(笑)、ギンポ
天ぷらにしますと最高に美味しいのですが、カミサンが悲鳴を上げますのでリリース。


016.JPG


警戒色が出ているクロ(笑)、ですが、こんな小さなクロなど当然リリース。



たいした大物は釣れませんでしたが、今日のチャンピオンはこの方でした。


012.JPG


25センチはあろうかと言うソイ
オマケにお腹は卵でも抱えているのか、丸々としています。


恐らく、私の釣り人生の中でこんなソイを落とし込みの竿穴釣りで釣ったことはありません。


しかも、釣れた穴は水深が1メートルもありませんでした。(苦笑)


薄暗くなってきましたので、ここでは納竿。


いよいよ,メバル狙いに突入いたします。


吉と出るか?凶とでるか?



こればかりは竿を出してみないと分かりません。







posted by ジャズフィッシュ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!