メバル狩りで狩られたのは私だった 1

このところメバルを釣りに行っても数こそ出ませんが20センチオーバーばかりを1〜3匹仕留めています。


カミサンが一番喜ぶパターンです。(???)


メバル愛好家のカミサンは10センチ〜15センチほどのメバルをたくさん釣って帰っても、憮然としています。


大きなメバルを1〜2匹の方が喜ぶようです。


まっ、・・・捌くことを考えますと、当然の成り行きですよね?


成り行きと私の記録をかけてタックルの整備をいたしました。


002.JPG


欲を出して、スズキでも釣れやしないか・・と、思いまして磯竿もスタンバイにしました。(笑)


忘れていましたが、エサの確認。
前回の僅か50グラムのアオムシの残りモノですんで。



001.JPG


大丈夫そうです。


ハリスは、私がここ10年以上愛用しているこれです。


003.JPG


漁師も確認!水中で消える!」と言う文言の真実の事実は私には分かりません。


使う理由はズバリ、安くて、釣れるからです。


ハリも私なりに考えました。


前回使ったチンタメバル9号の黒色と、金袖12号


004.JPG



どちらもレアなハリでしょう?


恐らく、きっと、間違いなく、釣具の量販店には売っていないハリだと思います。


しつこいようですが、釣りバリ製造機などヤフオクで60万も出して買うことなどしていません。(笑)


求めよ、されば与えられん!」と言うのは事実です。


あることにフォーカスしますと道は開けます。


私なりに考えたデカメバルをゲットするための一番直接的なリーサル・ウェポンがこのハリなのです。


ハリは魚を仕留めるための最も重要なパーツであると私は思っています。


竿やリールなどよりも金をかけるべきパーツであると思っています。


チンタメバル9号の黒色と、金袖12号に共通するのは、ふところが広いことと、ハリ先が鋭いこと、
加えてどちらも細軸であることです。


私は細軸のハリが基本的に好きです。


ハリが軽いことと、エサを付け易いことと、掛かりが良いことが理由です。


モエビなどを刺しても、モエビが長生きします。


以前、メイタ〜チヌに狂っていた時は須崎のM釣具に通って渓流バリの9〜11号ばかりをそれこそ行く度ごとに購入していました。


M釣具の店主から、「このハリを選ぶ方は皆メイタ釣りの達人ばかり・・・!」と、言われたのがいまだに脳裏に焼き着いています。


私は達人ではありませんが、このハリでメイタ〜チヌを最盛期には間違いなく年間1000匹以上釣りました。


今のように安近短な釣り人でもありませんでした。


早朝から沖防に渡り、迎えの船は夜の9時だとか・・・。
まさに、狂気の釣り人でした。


カミサンからも「うちは母子家庭かい??」と、散々皮肉を言われました。
まあ、当然です。


東浜のあるところで道具を広げながら、色々なことを考えつつ道具を整備。


時間まで待つのも釣りです。


明るいうちからポイントに入って臆病なメバルを散らしてもいけません。


時間まで釣具をいじって暇つぶし。
ですが、時合いがくれば、風林火山


今はタダ、待つ時間です。


気を練るということも重要です。


006.JPG


目の前の船を見ると、なんとなく精神統一ができます。




















posted by ジャズフィッシュ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!