アオリイカの秋イカシーズンに、これを参照くださいマシ!

アオリイカ(ミズイカ)の秋イカシーズンですが、私には無縁でございます。


随分、随分以前の記事に書いていますが、私は今までアジゴをエサに何度かミズイカを釣ってはいますが、
エギングでは一杯のミズイカも釣るどころか、ヒットしたことすらありません。


たいていはこのようなときには闘志を燃やすのが私の性格ですが、このミズイカに関しましては、
全く闘志が湧きません。(意味不明)


自分でこの釣り、つまりエギングには向いていないことが分かったからです。


極めつけは、志賀島の海水浴場がある赤灯台でミズイカの墨が随所に散乱している時に、新調しましたエギングロッドとPEラインの1号を巻いた小型のスピニングリールでエギを投げ続けること2時間。


な〜んも、アタリもなく、嫌になっていたところに、青年が登場し、1投目からミズイカを上げました。



まさに「国破れて山河あり」と言う心境でございました。


以来私は、エギングでミズイカ狙いを止めました。(苦笑)


基本的にセンスがないのだろうと思います。


私は学生の頃、サッカーとラグビーをやっていましたし、ソフトボールも得意でしたが、
バスケが大の苦手でした。


普通はボールセンスと言いますが、バスケはついに好きになれずに今まできています。


エギングだけは苦手です。
何度やっても好きになれません。


なので、諦めました。(笑)


元来気が短い上に、周りも釣れていないと腹が立ちますが、
2時間も釣っていて、後から来た青年が1投目からミズイカを掛けた時に、悟りました。


エギングでミズイカ釣りは生涯せん・・・・!!」と。(笑)


ちなみに話は変わりますが、ミズイカの2・5キロぐらいでチヌの50センチぐらいの価値であることと
私は思っています。


1キロ程度のミズイカであれば、私もアジゴで何度もゲットしていますが、メイタ程度です。


それにしても、ミズイカのエギングは向いていません。
またまた話は変わりますが、こんな記事を見ました。


http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-348.html
こんなイカを是非エギングで釣っていただきたいものです。


この記事の出所はここです。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/dinosaur_and_fossil_discoveries/なかなかロマンがありますよね?


鹿を丸呑みにしたというアイヌの伝説のイトウなんぞ比較になりません。


世界最大の淡水魚、アマゾンのピラルクのお話も霞んでしまいます。


巨大な帆船ぐらいのイカをエギングで釣るなんて・・・、夢とロマンと覚悟がいりますよね?


またまた、好きなお話に出会いました。(笑)


この胡散臭さが、私は大好きでございます。


posted by ジャズフィッシュ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!