アカエイの解体ショーを目の当たりに見ましたバイ!!

昨日火事になった酒蔵を眺めながら、ポイント築港店に向かいました。


001.JPG



ポイント築港店にエサを買いに行きますと、玄関前にクルマがズラリ。


かってない盛況振りに私も少し驚いてしまいました。


松下店長に「忙しそうやね?」と、尋ねますと、
今日はこれでもお客さんがひいたほうです・・・」と!


「明日も休みだし、家族で釣りにでも行くか〜!!」という方たちが集結したと思われます。(笑)


メバルを狙う前にモエビでもつけて、メイタ〜チヌでも狙おうか・・との思惑はこの時点で消えうせました。


どこに行っても、釣り人でいっぱい、太陽がいっぱい、アジゴもいっぱい・・・なはずでございます。



メイタ〜チヌなど釣っている横で、アミカゴをドボン!!、子供達がワイワイはしゃいだ時には、
白旗を振るより仕方ありません。



それならば、はじめからメイタ〜チヌなど狙うべきではございません。




東浜に寄ってみました。


002.JPG003.JPG


シーバス狙いのルアーマンが立ち寄るけれども、釣れたところを見たことがないポイントでは、家族連れが例によってサビキカゴを海に向かって投下していました。


10センチぐらいのアジゴにお子さんは大喜びです。


アジゴ狙いのサビキ釣りこそ、究極のファミリー・フィッシングですよね?


誰もが釣れて、楽しい一日を過ごせます。


帰宅後に美味しいアジゴのから揚げや南蛮漬けを食べたときには、お子さんは釣りも好きになるはずですし、魚を食べることが好きになるはずです。


お子さんは自分が釣ったアジゴまで覚えているものです。(笑)


2度揚げしますと、頭から尻尾までポテチ感覚で食べれます。
しかも、メチャクチャ旨い!!

トラフグの刺身、オコゼの刺身、ヒラメの縁側の刺身、アコウの刺身よりも、揚げたてのアジゴの方が100%旨い!!」と、私は拷問されて責められてもそう申し上げたい!!


目隠しして白身の魚を食べて、すべてを分かる人はほとんどいない。


旨いと思うのは、高いからそう思うだけだ。(苦笑)


活きた20センチオーバーのハゼを刺身にすると、トラフグの刺身、オコゼの刺身、ヒラメの縁側の刺身、アコウの刺身よりも旨い!」と、いうのが私の実直な意見。


万札を数枚払って有難く食べているから、美味しいと思わざるを得ないだけじゃないかな?


養殖のトラフグやパンダビラメなんぞに舌ヅツミを打っていると、まともな魚を食べたことがない人にしか私は思えないのですが・・・。



東浜をクルマでゆっくりと徐行していますと、ある釣り人の太い竿が大きく曲がっていました。



006.JPG



三脚は倒れていますが、竿尻にロープが!!
これだけで、この釣り人はかなりのベテランと分かります。



竿を持っていかれて悔しい思いをした釣り人がなせる業です。


傍で10分近く見ていました。


ドラッグを緩めては魚を走らせ、ドラッグを締めては魚を近づけます。


磯竿の5号にスピニングリールは3000番ぐらい。(少し小さい感じ・・)


ミチイトもハリスも6号を使っているそうです。


やっと獲物が浮き上がりました。

008.JPG



写真では分かりづらいのですが、かなりデカイアカエイです。



私が思うに10キロ〜15キロはありそうです。


009.JPG


私の他に見ていた方がギャフでアカエイを刺して、堤防の上に上げました。


011.JPG


すると、釣り人は手馴れた様子でアカエイの解体ショーをし始めました。


012.JPG


老練な釣り人はすぐさま尻尾を切りました。



すかさず持参している包丁アカエイの解体ショー開始!!


013.JPG


手馴れた手つきでサクサクとアカエイを解体し始めました。


014.JPG


私は何がなんだか分からないままじっと眺めていましたが、その手際の良さにある種の感動さえ覚えました。


015.JPG


真ん中部分からアカエイの肝を取り出しています。


「どうするんですか?」と尋ねますと、「肝油を取る!」のだそうです。


老練な釣り人が言うには、フライパンで10分ほど熱すると、脂が出てきまして、それをコーヒーを濾過するフィルターで濾過すると肝油が取れるのだそうでございます。



「・・・・・・・・!!」



肝油などと言う語彙自体小学生以来です。(笑)



両方のヒレの部分を取られ、肝まで取られたアカエイがまだ生きています。



016.JPG


どうにも、アカエイの顔は人のようで薄気味悪い気がいたします。


いずれにせよ、私もこれまでの釣り人生でアカエイを掛けた記憶は6〜7回あります。


すべて、リリースです。


毒はあるし、捌き方もわかりませんし・・・・・・・・。


今日は、勉強になりました。


老練釣り師にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。


さて、薄暗くなり、アスペルガーメバル中毒患者の登場でございます。


























posted by ジャズフィッシュ at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!