アスペルガー症候群のメバルに取り憑かれた男は今日も・・・!!

アスペルガー症候群のメバルに取りつかれた男は今日も例のポイントに行きました。


春先にメバルと会えなかった鬱憤晴らしかも?


私は、自分で竿を改造して釣りをしていますが、メインターゲットはこのメバルなのです。
メバルをゲットするために、竿を改造しています。


メイタ〜チヌも、セイゴ〜スズキも私にとってはあくまでバイプレイヤーです。


何年か前だか正確には忘れましたが、「落とし込み釣りで博多湾で尺メバルを釣ろう!」と決意して挫折の連続です。(涙)


ウキ釣りやメバリングではなく、あくまで落とし込み釣りでです。


更に、正確には博多湾内で落とし込み釣りで尺メバルを釣った情報も皆無です。
聞いたことも、見たこともありません。


メバリングで釣った、ボートメバルでやはり、ワームで釣ったと言う話もレアです。
本当に尺メバルであったのかどうか・・・?


尺貫法(しゃっかんほう)では1尺は30.3センチです。


いそうでいないサイズです。


60センチのチヌ、120センチのスズキにも並ぶほとんど博多湾内では幻のサイズではないかと思っています。


玄界島に行く、姫島に行くなどという選択肢も考えますが、それではダメです。
あくまで博多湾内の埠頭、防波堤からの落とし込み釣りでです。


勿論タケノコメバルは当たり前ですが、メバルではありません。


タケノコメバルであれば昨年にも34センチを釣りました。

画像 509.jpg


これ以外に今まで数匹尺タケノコメバルを釣っていますが、尺メバルではない!!


あくまで、クロメバルでの尺メバルです。


船からですと、いくらでも釣っています。


玄界島の人口魚礁で釣った42センチの船長も驚いたクロメバルと、
唐津のホクト釣具に貼ってあった1枚の魚拓が私のチャンネルを変えました。



ホクト釣具に貼ってあった34センチのメバルの魚拓は神集島での夜釣りで、ウキ釣りで釣られたものだったと聞きました。


私にとっては対馬の浅茅湾で釣れた60オーバーのチヌの魚拓やメートルを超すスズキの魚拓よりも
衝撃的でした。


以来おかっぱりからメバルを落とし込みで狙っていますが、20センチもあれば有り難いサイズです。


いる場所がなかなか特定できません。
いても、すぐにいなくなります。(笑)


まさに神出鬼没な魚です。


今日も行ってまいりました。
釣りをしたのは1時間ほどでしたが、


005.JPG

24センチ!!
デカイぞ〜と思ったら、この方でした。

006.JPG


久々に見る懐かしいような35センチほどのセイゴ。


メバルのアタリは他に2回ありましたが、これだけ軟らかい竿を使っているのに抵抗を感じて口からエサを離す修羅場をくぐりぬけて来たメバルのようです。


すぐに納竿しましたが、このポイントに今回で5回目。
暫く通い続けると思います。


この時期を外すと、生涯会えない気がします。


これは45年以上も釣りをやっている私の「運・根・勘」のの部分です。






















posted by ジャズフィッシュ at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!