釣りバカは東浜のマル秘ポイントへと向かった。

東浜の船溜まりでちっちぇ〜連中と遊んだ後に、残り少ない時間で移動するのも面倒だし、マル秘ポイントに向かうことといたしました。


このポイントは、あんまり大声では教えられません。
と、言いつつブログに書いてしまいます。(笑)


ヒントは、

1 暗くなるまで待って!(少しエロい)
2 コソコソ
3 足元ジャリジャリ
4 クルマからテクテク歩き
5 サーチライト


分かる方は、ニンマリしているはずです。


日曜日の夕方ということで行きました。
普段はノコノコうろついていると叱られると思います。(コレもヒント!)


で、私はこの界隈きってのポイントに到着し、太目のアオムシを付けて波止の際を落とし込みますと、
3ヒロぐらいのところで豪快なアタリがありました。


メイタのようなメイタでないような引き方ですが、かなり引きます。


リールを巻き巻きして夕マズメの薄暗い中海面に浮かんできたのは、私がおかっぱりから釣ったことがない
サイズの大型のメバルです。
30センチ前後の大型です!!
「やった〜!」と、声を上げて喜んでいますと・・・。


タモを取った瞬間にバレてしまいました。


!!!!・・・??


ハリはメバルバリの9号に換えていましたので、恐らく掛かりが浅かったのでしょう!?


「チクショウ〜!」と、一人で海に向かって吠えてしまいました。(笑)


すぐに気を取り直して再びエサをつけて落とし込みますと、かなり引きますが、先ほどのメバルとは比べ物になりません。


犯人はコイツでごわす。


022.JPG


手のひら大に尻尾が付いたほどのクロちゃん。
すぐに遠くの方に向かって投げ込んでしまいました。


エサを付け替えて今度は2ヒロぐらいを探りますと、先ほどのメバルと同じぐらい引くやつが・・・。


期待は裏切られて・・・・・・この方でした。


024.JPG


30センチ弱の全く嬉しくもないメイタです。(涙)


その後も同じサイズのメイタが・・・。


023.JPG


この方達も直ちに海にお帰りいただきました。


砂まみれになっているメイタもこのポイントのヒントです。



それから、風も強くなり、私は納竿することにしましたが、もう一人落とし込み竿を持った釣り人が
私がいるほうに歩いてきました。


眼光スルドイ上手そうな釣り人でした。


挨拶を済ませて、私は車にテクテクと歩いていきましたが、
大きなメバルのことが頭から離れません。


まさに、逃げた魚は大きい






posted by ジャズフィッシュ at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!