東浜の船溜まりはもはやロックフィッシユのゆりかごと化した!!

今日ははなから小物狙い東浜の船溜まりの波止に向かいました。


日曜日だけあって、過日キビレチヌの40センチを釣った場所はアジゴ釣りのファミリーカーだらけです。
予想通りです。(想定内)ということでございます。
クルマ横付けのファミリーフィッシングにはもってこいのポイントです。


008.JPG


「おい!おい!そんな遠くから、アジゴ釣りのファミリーかどうか、わからんだろうが!?」と、言われる方もいらっしゃるかと思いますが、私をなめてはいけません。(笑)


そのために買ったのがコレです。


006.JPG


迷彩色の双眼鏡ですが、別にミリタリーグッズが好きなわけではありません。


しかも、安物ですので倍率が低く東浜〜中央埠頭ぐらいの距離が関の山です。(苦笑)


で、竿を出したのがココ!


009.JPG



知る人ぞ、知る・・・あまり釣れないポイントです。(笑)
最近は釣れませんが、以前は良く釣れていたんですよ〜!



この波止の付け根から先端までを丁寧に探ります。



異変をすぐに気づきました。


いつもいるべき連中がいません。


先端部分の右側で妙なアタリが・・・。


010.JPG


チビメバルです。


この波止に20年以上通っていますが、サイズは兎も角メバルが釣れたのは初めてです。


何かがおかしい・・・・!!


またしても・・。


012.JPG


ストラップサイズのミニメバル


今度は昨年2歳魚のキビレとメイタが入れ食いだったポイントにエサを落としますと、釣れるのはこの方達です。


016.JPG


10センチ程度のミニ・タケノコメバル。


まるで、ロックフィッシュのゆりかご状態です。


たまに妙なアタリがアリ、アワセますと、釣れるのはこの方たち。


015.JPG014.JPG


さすがに心がへこみます。


いくら釣りが好きでも、こんな連中を相手に貴重な時間を使いたくはありません。


雑魚ばかり、20匹ほど釣った時に次に行くポイントを私なりに考えましたが、
お気づきの方もいるかもしれませんが、この時期に100%この場所にいるべき魚がいない異変とは何でしょうか?


それは今の季節であれば、今までどんな年にも必ずいて、私をブルーにさせていたヤツラです。


答えは当歳メイタです。
10センチほどの当歳メイタ、当歳キビレが皆無です。


こやつらさえもいない状況でございます。


やはり、今年の博多湾は尋常ではありませんバイ!!


僅かな時間内に次にどこに行ったかは次回書きます。



























posted by ジャズフィッシュ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!