博多区のど真ん中の田んぼ

なぜかしら、私の住処のすぐ近くに田んぼがあります。(笑)


引っ越してきた5年前の翌年の6月頃に網戸をして寝ていますと、まさかのカエルの声!!


田川で生まれ育ったカミサンはニンマリ。


小倉の中心地で生まれて、東京の世田谷のど真ん中の経堂のど真ん中で育った息子はカエルの鳴き声を知らないようでした。(苦笑)


無理もありません。


恐らく、今の博多区に住むまでカエルの鳴き声など聞いたことがなくて当然の生活をしていますから・・・。


問題の田んぼはここ。


002.JPG


笑ってしまいます。


001.JPG


「実るほど頭をたれる稲穂かな」などと、古臭い説教じみた言葉は申しませんが、台風15号が過ぎた本日青々とした稲穂が眩しく感じられました。


転勤してから、東比恵の地下鉄の駅まで自転車に乗って通勤しています。


クルマですと普段見落としがちな風景も自転車ですと、立ち止まってしげしげと眺めることが出来ます。


季節感を感じながらの通勤。


チャリンコ通勤もオツなものです。


「暑さ寒さも彼岸まで」とは、良く言ったものでここんところ寒いぐらいです。


台風12号と15号で釣りには思うように行けませんでしたし、転勤と鹿児島での会議で更に釣りに行けませんでした。


もうすぐ、メイタ三昧になってくれると嬉しいのですが。





posted by ジャズフィッシュ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!