釣具はもはやヤフオクで買うしかない!

私のブログを見て下さっている方にのみの情報ですが、
釣具は新品など買う必要がないということを改めて申し上げたい!と、思います。


私は45年以上も釣りをし続けている釣りバカですが、何度も書いたかもしれない、
「1場所、2エサ、3仕掛け」というものを今だもって痛感している男なのです。


簡単に「1場所、2エサ、3仕掛け」などと考えてはいけません。


凄くディープです。
あらゆる釣りの本質を言い当てている言葉です。


その中で注意していただきたいのは、道具もウデも関係ないということです。


チョット寂しい気もしますが、あえて申します。


これは真実の事実です。


釣れる場所に行けば、初心者でもチヌの40センチ程度は釣れます。


釣れない場所では、釣り雑誌に能書タラタラ書いているテスターの方でも釣れないものです。


身も蓋もない事を言いますと、釣り師のウデも道具もあまり関係ないということです。


ですが、やはり道具には各々こだわりが生まれます。


私もそうですが、他人からするとアホみたいなこだわりがあります。


釣れれば良いというわけでもありません。


何度も書きましたが、沖防に渡って50センチオーバーのチヌを釣ったからとて私にすれば、
評価はゼロです。


だからどうした?程度です。


57センチ以上であれば、運がよかったね!程度のものです。


45センチ程度のチヌを釣るのに2000円も払って釣り座を買えば釣れて当然です。


ウデ以前の問題です。


沖防で釣れたチヌの45センチなど、難易度からすれば須崎・箱崎・東浜・中央埠頭の30センチ程度のメイタ以下の評価です。


デカイ魚を釣ればこと足りると思っている方は、大きな間違いです。



販売でも季節変動指数というものがありますよね?


乗っ込みのチヌなど離島に渡って釣る方がどうにかしています。
いくら大きくても、私は少なくとも評価はゼロです。


ウキをつけてマキエを撒いてさくらの花が咲く頃に釣れたチヌなどどうでも良い存在でしかありません。


こだわるべきは釣れた場所、釣れた時期です。


博多湾の湾奥は今年は特に難易度は高いです。(笑)


昨年の様にアオムシでメイタが入れ食いなどと言うことはありません。


周りを見渡してください。


どんな良い道具を使っていてもボウズの方はボウズです。


なので、改めて申しますが、釣り道具に関してはタックルベリーなどの中古品でも構いませんし、
出来ればヤフオクなどで購入するのが良いかもしれません。


特に私がおススメするのはジャンク品の釣具です。


半分ぶっ壊れているんじゃないか?


確かにそんなモノもあると思いますが、一概にそんなモノばかりでもありません。


モノに命を吹き込むのはあなたです。


ウデはさておき、道具が好きであれば必ず釣れます!!
私の経験上これは本当です。


道具に不信感があっては、釣れるものも釣れません。


道具もまた人を選びます。


世間ではジャンク品であっても、あなたが愛すればそれは立派な一級品に蘇ります。


釣具のジャンク品


成仏できない釣具が世の中にはたくさんあります。
持ち主に愛されなかった釣具です。


キチンとメンテナンスすれば使えるものはいくらでもあります。


しかも、釣具屋の市販価格の数倍安い値段で手に入ります。


私自身ここ10年以上釣竿やリールすら買っていません。


道具などもはやどうでもよいと思っていますから・・・・・。


ですが、これから釣りを始める方・釣りを始めて間もない方には、ヤフオクでの購入をおススメいたします。


どう使いこなすか・・・・・・、ということはあなた次第です。


同じ竿と同じリールのタックルを何十回と使っていますと、アタリだけで魚の種類が分かるようになります。


むしろ、これが出来なければあなたはその道具が好きになれないのでは?





















posted by ジャズフィッシュ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!