九州新幹線にて鹿児島で会議&慰安旅行4

仙厳園で昼食を済ませ、次に向かうは鹿児島の目抜き通り。


天文館を中心とした散策コースである。


鹿児島に住んでいたことがある同僚に連れられて鹿児島きっての繁華街に・・・。


042.JPG


有名な「こむらさき」と言うラーメン屋に向かった方もいたが、つい1時間前に昼飯を食べたばかりで、それは選択肢としてはパスだ。


全く余談だが、信号待ちしていると鹿児島の女性は美人が多いことに感心。
タマタマかもしれないが、色白の美人が多い。


後輩が「むじゃき」に行きましょう!と言うので、意味も分からずついていくと、行ってビックリ。


043.JPG


カップアイスの白熊を店頭あるいは店内で食べさせるお店のことなんだ〜!。
店の名前が「むじゃき」だって・・・・。


044.JPG046.JPG045.JPG


修学旅行生で大繁盛!!


テーブルに座っている中学生が聞きなれた言葉を話すので、どこから来たのかを尋ねますと、


「筑紫野市からです!」と。


道理で聞きなれた言葉だ。(苦笑)


お店の二階に上がってレギュラーの白熊の一番小さなサイズをオーダー。


048.JPG



確かに美味しいかき氷だ。
濃厚なクリーミィーな味わいのカキ氷だ。
しかも底の方に食べ進むと、おたふく豆などがでてきて驚かさせる。
憎たらしい演出だ。(笑)



南国の鹿児島で白熊をイメージ・キャラにしてカキ氷をこんなに拡販することができるとは?
マーケティングの奇跡としか言いようもない。
恐るべし、白熊!!



用を足したくなったので、鹿児島県立博物館に立ち寄ると珍しいサカナを発見。


050.JPG



カワアナゴと書かれていました。



淡水魚、海水魚はたいてい分かるつもりであった私も知らなかったサカナです。



049.JPG



信号待ちの道路がこれだ。


この火山灰も見ることがないかも知れない・・・と、思いつつ鹿児島中央駅に。


自宅と職場に買って帰るものがあります。


052.JPG


さつま揚げと定番のかすたどんと和菓子。



私もそうだが、必ずお土産を買う習慣がありますよね?



うちのカミサンはお金を使わないことが一番のお土産などと無粋なことを申しますが、
そんなワケにもいきますまい。



新幹線で1時間半で行ける鹿児島です。
同じ九州にあっても滅多に行くことがない所ですが、行けばどこでも楽しいものですね。
















posted by ジャズフィッシュ at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!