九州新幹線にて鹿児島で会議&慰安旅行3

2日目の朝9時に指宿の白水館から池田湖に向かう。


イッシーとオオウナギで有名な九州最大の湖だ。


016.JPG022.JPG


オオウナギが見れるお土産コーナーに立ち寄って中を覗くと、果たしてオオウナギが水槽に入っている。


019.JPG


特別天然記念物とのことであるが、よくお笑いタレントが何処かの島に渡り、夕方に仕掛けた仕掛けを朝方に行って釣り上げているアレだ。
番組では蒲焼を作っているが、この大きさとグロさを見るととてもその気にはなれまい。


020.JPG


池田湖で休憩をして次に向かうは島津のお殿様の別宅の名勝仙厳園
ここで昼食をすることになりました。



仙厳園の入り口から見る桜島は勇壮だ。


027.JPG


多くの画家が絵を描き、多くの詩人が詩を詠みたくなる気持ちがわかる。


仙厳園の広大な敷地内には見るところがたくさんあり、目を惹かれるが、歴代島津のお殿様の権力の絶大さをうかがわせるとともに、幕末から開国にかけて島津藩がその一躍を担った歴史が随所に読み取れる場所でもある。


薩英戦争を経験し、西洋の軍事力や科学技術の凄さを目の当たりにした島津ならでは富国強兵・殖産興業政策が読み取れる場所だ。


028.JPG


写真を載せてるとキリがないので割愛させていただくが、島津の歴史を考える上では必見の場所であることは間違いなく、歴史が好きな私にはとても参考になった。


小高い場所に食事処があり、途中突風が吹いて、髪の毛も耳の穴までも火山灰でザラザラ。
目までチカチカする有様だ。


032.JPG031.JPG



食事を済ませて仙厳園の中を散策。


034.JPG037.JPG039.JPG


それにしても、火山灰がやたら降っていて、大声で笑う私は口の中までジャリジャリした感じがする。



私のバカチョン・デジカメのバッテリーが切れて、近くにあるセブンイレブンに単三のアルカリ電池を買いに行く。100円ショップでは4本105円で売られている電池がコンビにでは2本278円だった。


なんとも、理不尽この上ない値段だ。
まるで、砂漠で水を売るとはこのことだ。(苦笑)


電池の予備など自宅にはたくさんあるのだが、持ってこなかった俺が悪いのさ。
畜生め!









posted by ジャズフィッシュ at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!