西新のダイエーで20センチちょいのメイタが売られていました。(笑)

 転勤して昼休みに某ラーメン屋で食事を済ませてダイエーの魚売り場に・・・・。


20センチ程度のメイタが480円で売られていました。


シールには「姪浜漁港直送!」と書かれていました。(笑)


当然、こんなところで写真撮影するわけにはいきません。
今回は写真なしです。


リリースサイズのメイタが480円か・・・・・・・・・・!?などと、思ってしまいました。



私なら絶対に買わない!!(笑)



こんなサイズのメイタなどリリースが基本だ。



確かにチヌよりはメイタのほうが美味しい。



江戸時代の川柳にも「塩焼きはカイズにトドメを刺す!」とある。



メイタの塩焼きは確かに旨い!!



「塩焼きはメイタにトドメを刺す!」と言う意味を考えたことがあるだろうか?



セイゴにしろ、メイタにしろ、メバルにしろ、カレイにしろ、サカナ独特の臭みがある。


メイタの匂いと言うもが歴然とある。



私のクルマのハンドルや竿、リールはメイタの匂いがする。(苦笑)



「箱崎埠頭で釣れたメイタは食えん!」と言う方がいるが、ではどこのメイタなら食えるのか?



すべては下ごしらえから始まる。


釣れたメイタを食べるのであれば、ストリンガーなどで生かす必要はない。


すぐに血ヌキして締めるのが一番である。


しかも氷の量も鮮度を左右する。



中途半端は何でも良くない。


食べるつもりなら、即締めるのが鉄則だ。


リリースするならいちいちストリンガーなどに未練がましく掛ける必要などない。



釣った端から逃がすことのほうが理に適っている。



釣ってすぐにエラのところにナイフを入れるのは面倒だが・・。



要るのであればすぐに締める!・・・、これが鉄則です。
























posted by ジャズフィッシュ at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!