やはり、中洲ジャズよりメイタ釣りのほうが面白い!!

 今日も中洲ジャズが昨日よりも多くのステージで行われているのですが、行かないことにしました。


メイタ釣りの方が面白いに決まっています。(笑)


お決まりのごとく夕方から前回の残りのアオムシを持って釣り場に。
アオムシがくたばりかけていますので、珍しくカラス貝を採取。

013.JPG


カラス貝はあまり好きなエサではないのですが、アオムシがくたばりかけていますので予備に採取しました。


そのカラス貝を持って、あるポイントに行きますと、止めアタリが1回だけあってカラス貝を取られました。


すぐに場所を移動して、須崎に行くことに。


019.JPG


先客が既に岩ガニでメイタを釣っていました。


お話を伺うと、お盆の頃にこのポイントで、46センチと43センチのチヌを岩ガニで釣られたそうです。


私はカラス貝を使わずにアオムシで底狙いをしていますと、釣れるのはこいつらばかり・・。

018.JPG


そうしているうちに先ほどの「先客がメイタ要りませんか?」と、ストリンガーに着いたメイタをぶら提げて来ましたのでいただくことにしました。


実は今日はリリースの日なのです。
すべて、リリースです。


なのに、いただきました。


と、言うのは私も何度も何度も近くにいる釣り人にメイタ〜チヌを貰って頂いています。


「要りませんか?」と言われて、「その程度のメイタなど要らん!」と、言う方が失礼です。


後でこっそりリリースすれば良いだけのこと。


メイタをくれた彼がクルマに乗って見えなくなるのを見計らってリリース。
この記事を読んでくれないことを祈ります。(笑)


さて、これからが勝負!と思った私は、カラス貝を半分潰してエキスがでるようにハリに刺して、ポイントに投入。


「スコーン!」と、中層でアタリがあり釣れたのはコイツ。


021.JPG


その後も薄暗い中同じようにしてメイタ3連発!!



020.JPG023.JPG


どれも似たり寄ったりの30センチチョイオーバーのサイズばかり・・・。
少しは大きくなっているようです。


場所を数百メートル変えますと、この方が・・・。


025.JPG


30センチあるかないかぐらいのキビレ


このキビレは水深1メートルぐらいでアオムシのエサに来ました。


勿論リリース。


私は何度も書いていますが、セッカチで短気な性格なので浅ダナで次々にサカナをゲットする釣り方が好きです。


今日は、メイタ3枚、キビレ1枚というたいしたことはない釣果。


この程度のサイズであれば、入れ食いになって欲しいものです。


早めに納竿して、8時半には帰宅しました。


実釣2時間。


安近短釣り師は釣り場でアレコレ考える暇もありません。



















posted by ジャズフィッシュ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。