良い子の皆さん、台風6号の時も釣りに行くバカの真似をしてはいけません!

 数日前から台風6号が接近するとのことでベランダの植木鉢を移動したりして我が家は厳戒態勢をとっていましたが、何のことはありません。

昼間は汗ばむほどの陽気で、「どこが台風じゃい!」などと思うような天気。

ですが、いつもどおり夕方5時過ぎに自宅を出る頃は雲行き怪しく暴風雨が吹き荒れてもおかしくはないような天気に豹変。

前回のあまりのエサを持ってまずは須崎埠頭に・・・。

011.JPG

写真ではわかりにくいのですが、かなり白波が立ってまるでウサギが跳ねているような感じ。

波が埠頭の岸壁に当たって、波しぶきを被りそうな状態。

ココは勿論パスです。

同じ須崎埠頭の那珂川河口に行きハリを換えます。

013.JPG

このハリに交換して釣れない魚は稀です。
私のリーサル・ウェポン

014.JPG015.JPG016.JPG

雑魚ばっかり・・・!!

マイクロ・シーバスに今年初のアジゴとチイチイフグ。

更に、マイクロシーバスの猛攻!!
15匹以上釣れました。

底でも、水深30センチでも入れ食い。

「あきまへん!」とばかり場所を移動。

東浜へ。

022.JPG

東浜に着くや否や、マウンテンバイクに乗った青年が登場し、トランペットを吹き始めました。

下手だ。(笑)
とてつもなく下手だ。(汗)

オマケに、「聖者が街にやってくる」まで吹いているが、音がハズレまくっている。
アメリカのジャズ・クラブではこの曲をリクエストする時は他の曲より高いチップを払わないといけないとある本で読んだことがあるが、お金をもらっても聞きたくはない演奏だ。(苦笑)

まあ、下手だから、人目を忍んでかような場所で練習しているのだろうが、吹いている曲からすると、
野球の応援の際に演奏されるような曲ばかりだ。

「・・・・・・・・・」
ソフトバンクの応援団かも??


ジャズを38年聴いている私の前でハズレまくりの音のトランペットを吹くとは・・・!?

時折吹き荒れる強い風の中、釣れるのはこいつらばかり・・・。

019.JPG

ハゼドン・・・。

妙なトランペットの音と、ハゼドン。
台風の日に釣りをする大バカ野郎にはおあつらえ向きかも?

ココにも見切りをつけて須崎の西側でウキ釣りでもしようかと思い向かいますが、
強風と白波でここもパス。

長浜の魚市場の対岸に行きますと、黒いセレナに乗ってくる須崎の鉄人の一人が既に竿を出されていました。

釣る場所がない!!

仕方なく、BSPへ。

023.JPG

夜になるにつれ、風は強くなり、竿を持っているのがやっと・・・。

10回ほど落とし込んだが、アタリ以前の問題。

竿先が風で、曲がっています。(笑)
街路樹が完全に斜めになっています。

良い子の皆さん、台風の時に釣りに行くようなバカの真似をしてはいけません。
危険なばかりでなく、心が蝕まれます。

こんな時に釣りに行く大バカ野郎は既に心が蝕まれていますから、これ以上蝕まれる余地はございません。(笑)

こんなバカな域に達するには、相当な年月の発酵が必要です。
「バカは1日にしてならず」と言う言葉が、あったっけ?

家でおとなしく釣具の手入れもしていた方がお利口さんというものでございます。

台風のときにまで、竿を出すようなアホはゆめゆめ相手にしないことでございます。






posted by ジャズフィッシュ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!