博多の釣りバカ 夏の悩み

 外に出ると、暑いのなんの・・。

溶けるだとか、
焦げるという形容詞がふさわしい暑さです。


当然、こんなときは絶対に釣りには行かない。
ラブ熱中症」じゃねぇから・・・。


マイペースな私は魚ごときに時間を合わせることを放棄した勝手な釣り人と化してしまっている。(笑)
釣れようが釣れまいが、夕方から出動し9時には帰宅するのが私のパターンである。

そんな私は今釣る時間が僅かしかない!!

どうかすると8時頃まで明るい。

これからと言うときに納竿。

合掌でござる。

昨日も東浜に赴いたが、使いまわしの腐れ掛かったアオムシを持って行くと、やはり・・・、
ろくなことはございません。

005.JPG

キーホルダーと見間違うようなマイクロ・キビレ。

更に追い討ちをかけるようにコイツが登場。


007.JPG

エサのアオムシと長さが変わらないマイクロ・シーバス。(笑)

しかもメバルバリの10号に掛かるか??


「すまん!腐れかかったアオムシじゃ、君達赤ちゃんしか釣れんやろうな〜。」などとブツブツ。

半ズボンにサンダル履きという姿で行ったために、両方のふくらはぎをに刺され気が狂いそうになって納竿。

クルマの中でも「痒い!何てやつらだ!」などと、一人でわめいておった。



いい年こいて今だにこんなことやって良いのかな?



帰宅すると、カミサンが自分の額を叩く素振りをして、「今日もボウズかな?」などと、皮肉っぽく言うもんだから、

「キビレとシーバス、リリース!」などと嘯いてしもーた。

金魚すくいのサイズのような魚のリリースもへったくれもないよね?




posted by ジャズフィッシュ at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!