博多沖防と釣りの格言

 私が良く引用する釣りの格言に、
「1場所、2エサ、3仕掛け」と言うものがある。

言いえて妙とも以前書いたが、まさにThat'S Right!! である、と思う。

沖防に渡るのは、ある意味「カネで場所を買っていること」に他ならない。

こんな書き方をすると反論する方もいるかもしれないが、真実の事実であろう。

私を納得させられる自信のある方はコメントを下さいな。

では、私が沖防に渡ることを反対しているのかと言うと、勘違いしないで欲しい。
むしろ賛成だ。

しかしながら、但し書きがつく。(笑)

初心者、落とし込み釣りを始めてそれほど年数の経っていない方はどんどん渡るべきであると思っている。


23年前の私も、そうだった・・・。

落とし込み釣りを覚えたてで東京転勤から戻ってきた私は色々な釣り場の紹介が載っている本を殊更買い漁った。

どこで釣ったら良いかがよくわからない・・・・・。
釣り場の紹介はたくさんあっても、どこに行けば最短でメイタ〜チヌに会えるのか?


そこで結論に達したのが、博多沖防に渡ること

その当時野間の四つ角付近に住んでいた私は、須崎埠頭に迎えに来る伊藤船長が運転する朝日丸ばかりを
利用した。

ほとんど休毎に朝日丸に乗って、赤灯台に渡り、端から端まで探り続けたものである。

いろいろなことも学んだ。
教えてくださる方もたくさんおられた。

釣れずに途方に暮れている私を叱咤激励して下さる方もいた。

この年だけで40回ほど沖防に渡った記憶がある。

その翌年もそれ以上渡り、半夜釣りで30センチほどのメイタが30匹ほど釣れて喜んでいると、
見知らぬ老練な釣り師の方に、
「そげな、こまかメイタ・・、全部捨てんと・・・、いかんバイ!」と、一喝されました。(笑)

「・・・・・・・・・・・!!」でした。

当時ストリンガーすら知らずに3段フラシビクいっぱいに入っていたメイタは、すべて逃がしました。

アオムシをエサに赤灯台の「への字」の内側にて1ヒロほどのタナで30センチ程度のメイタが
まさに入れ食い・・・になったのです。

伊藤船長に「夜の9時に迎えに来てください!」と、行っていたのでシブシブ納竿しましたが、
一晩中釣っていれば、束釣り(100匹)ぐらい釣れていたかも・・・?

沖防では色々な経験をさせていただきました。

アイナメの自己記録41センチを釣ったのも沖防ですし、
セイゴ釣りの名人に会って、教えを乞うたのも・・・、沖防でした。

サンバソウ、イシガキダイの幼魚の入れ食いに遭遇したこともあります。

メバルの入れ食いに遭遇したのも沖防。

3〜4センチのカレイの稚魚が赤灯台の踊り場に数百匹いた記憶もあります。


改めて「1場所、2エサ、3仕掛け」と言う格言の中で抜けている言葉は何でしょうか?

ウデと道具です。

魚がいる場所に行けば、ウデもいらないし、道具など極ありきたりモノでも良いのです。

反論のある方は、再びコメントください。

このことが言いたいが為にこの記事を書きました。

私は初心者ほど沖防に渡っていただいて、そのことを実感していただきたいと思っています。

厭味に聞こえるかもしれませんが、ある程度メイタ〜チヌの釣り方を覚えたならば、釣れなくても沖防に渡るべきではないとも思っています。

沖防は場所をカネで買って、メイタ〜チヌ釣りを覚える、教わる場所であり、そこから脱することが釣り師としてはあるべき姿なのではないかとも思うのです。

湾奥の埠頭廻りと沖防では難易度がまるで違います。

沖防に渡っている方はそのことは百も承知なはずです。

「そこいらでは釣れない、釣りきらないから沖防に渡ります。」と、言うことの証です。

難しいと言われるチヌを釣りたいのなら沖防に渡った時点でアウトです。

何せ、カネで場所を買っているわけですから・・・。

カニで釣らないとと意味がないだとか、カラス貝で釣らないと意味がないだとか、ほざいている方に、
沖防に渡った時点であなたはアウトです。

そんなこと、言う方がいないのであえて私が言いいます。

反論のある方はコメントください。

「能書き言いたいのであれば、沖防に渡らんで言え!!」と、謹んで申し上げます。

初心者が行くべき場所に行って、何センチを釣ったなどということ自体がどうにかしていませんか?

難しいと言われれる釣りが好きならば、沖防に渡らないでそのへんで釣ったらどうですか?

私は初心者の方を教えるときは沖防に渡って教えますが、自らの釣りをするときは
「100%沖防に渡るものか!」と決めました。

難易度が高い釣りが好きであれば、沖防に渡った時点で、試験で言えば、カンニングをしているようなものです。(苦笑)

自称ベテラン、他称ベテランを自負する方は「沖防に渡らない!!」という気概が欲しいものです。


落とし込み釣りを覚えたての若造くんやビギナーの方に花を持たせてやっても良いんじゃないですか?

何十年も釣りをしていて、沖防に渡って45センチ程度のチヌを釣って釣りニュースなんかに載って・・・嬉しいですか?

釣り師としての気概、釣り師のプライド・・って、何でしょうか?

てなわけで、私は10年近く沖防に渡っていません。

釣果?

そんなこと・・・、誰と比べる??
















posted by ジャズフィッシュ at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!