荒津オイルセンターでチヌ釣り名人と遭遇 1

 前回買ったアオムシがたっぷり残っているので、荒津にアイナメを狙いに行くことにしました。

アイナメ、アイナメとアホみたいでしょう?(笑)

いつものように、ポイントに着く前に、付近をグルリと車で廻るのが私の習性です。

「誰か、何か、釣れてるかな〜?」と・・・いう、具合にです。

荒津オイルセンターの須崎埠頭対岸を車で徐行していると、大きく竿が曲がった方を発見!

すぐにクルマをとめてお断りして写真を撮らせていただきました。

001.JPG

手際よくストリンガーに掛けるフックをチヌの下あごから口に抜いてストリンガーに掛けて海にチヌを
入れていました。

道具を見渡し、変わったストリンガーを使われているので、只者でないことはすぐにわかりました。

がまかつのタモ、がまかつの竿、リールはステラ2000番。

竿捌きやマキエを入れているのとは別のバッカンにたくさん入っている小物類を見ただけで、そんじょそこいらの釣り人でないことは一目瞭然。

003.JPG

暫くすると、またしても・・・・ヒット!!

タモ入れも実にスムーズ。
百戦錬磨の竿捌き、タモ捌き・・・です。

005.JPG

私が、感心しきって
「何処かのメーカーのテスターやられているんでしょう?」と尋ねますと、

「ええ・・・!」との返事。

なるほど、なるほど。
さもあらん。さもあらん。
そこいらの釣り人とはまるで動作が違う。

何匹か釣ってハリスを交換し、ガン玉の位置をかなり神経質に動かしているだけで、もはや次元が違う。

この一連の動作を見ただけで只者でないのはもはや自明の理。

そうしていると、私よりも更に10歳ほど年上の方が来られ、どうやらテスターさんと顔見知りらしい。

色々話している暇もなくまたしてもヒット!!

015.JPG

まるで、落とし込み竿のように磯竿が曲がっています。

釣れたチヌもデカイ!!010.JPG

53センチ!!
アンビリーバブルな釣りがこの後も続きます。









posted by ジャズフィッシュ at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(1) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

博多湾でチヌ瀑釣!
Excerpt: 自分のことではありません。よそ様の釣りの話です。今年の博多湾は例年と違い魚がいないと嘆いておられた釣り歴45年のJAZZ FISHさんのブログのページに釣名人の記事が載ってました。あの博多湾で50CM..
Weblog: むらしま家具★店長の雑記ノート〜音楽・映画・そして釣りでも
Tracked: 2011-06-10 17:44
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!