今日もアイナメ狙い!!

山下海子さんのチヌを見ても尚、チヌ釣りには出かけませんでした。

今日は潮が悪く、夕方の6時半ぐらいがド干潮です。
しかも、下り中潮。

いつものことですが、行く前から「背水の陣」で、ごじゃります。(苦笑) 

前回、アイナメを釣ったポイントに向かいますと、波止場の先端にサギが立って私の方を向いています。

001.JPG

ド干潮間際で、海水がありません。〔笑)

海底が透けて見えますバイ。

アオムシのエサを付けてド干潮寸前の海にエサを落としますと、いきなりのアタリにアイナメがヒット!!

幸先がよろしいと思いきや、その後はハゼの仲間と思しき妙なやつらばかり・・・。

釣っては、波止の上に投げますと、サギが飛び降りてそれを食べています。

私の動作をすべて見ていて、「はよ!釣らんかい!」と言った顔して私を睨んでいます。

釣りたいのはヤマヤマなんですが、ド干潮寸前で「絶望」の2文字。
お手上げ状態なので、ビニールバケツに入れておいたこいつをサギに献上!!

002.JPG

またしても、サギはある程度距離をおいて私についてきます。

癪にさわるので、場所替えすることにいたしました。

003.JPG

はやと丸岸壁。

いつもの鉄板ポイントにアオムシを付けて中層、底を探りますが、何もアタリません。

ド干潮だからでもないようです。

2年前にココでド干潮のときにメバルがかなり釣れた記憶があります。

ド干潮だろうと、夕マズメであれば、サカナがいればアタルはずです。

しかし・・・・!!

更に場所を替えて、バナナ埠頭の一番湾奥のところに行き際を探りましたが、
「生命反応」がゼロです。

湾奥トリオのどれもが釣れません。

湾奥トリオとは、メイタ、セイゴ、メバル・・・です。
これにタケノコメバルを加えると「湾奥カルテット」になり、更にハゼを加えますと「湾奥クインテッド」になります。

もうすぐ手のひらサイズのクロが加わりますと「湾奥シックステッド」と言う、実にお馴染の面々が勢揃いするはずですが、今年はいささか状況が違うようでございます。

挙句の果てに、ただ重いだけのコイツが登場!!

004.JPG

薄暗くなると、徘徊する手長ダコです。

去年から今年に掛けての最大級の手長ダコですが、嬉しくもなんともありません。

暫く「放置プレー」をしていると、勝手に海に戻られました。(笑)

タコが釣れたので納竿。

安近短釣り師のカラータイマーは既に点滅状態。

帰宅が9時を過ぎますと、カミサンの鉄拳制裁は必至!!

あな、おそろし!










posted by ジャズフィッシュ at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!