雨の降る中、釣りバカは須崎で初メイタ!

 昨日も雨、今日も雨。
梅雨入りしたからとて、これでは気が滅入ります。

今日は用事を済ませて、夕方から釣りに行くつもりでしたので、多少の雨にもひるまずに敢行。

お目当ては、先日釣ったアイナメ・・・です。(笑)

博多湾では絶滅危惧種になろうかと言うのに、「そんな小さなアイナメを釣るな!」とお叱りを覚悟で釣り場に向かいました。

実は先日釣ったアイナメですが、カミサンが職場で昼休みに空揚げしたら「目茶苦茶美味しかった!!」との絶賛を受け、今日もまた私は食べることはないのですが、釣り場に向かいました。

雨がシトシトと降っています。

アイナメポイントに行きますと、落とし込み釣り師チヌ狙い。

003.JPG

この雨の中、「やるね〜!!」と、こちらも気合をいただきました。(笑)

1時間ほどアイナメポイントで遊びました。
アイナメだけではなく、ハゼの仲間の小さな連中がエサをつつくので常にアタリがあります。

今日は長潮ですが、魚の活性が高いと判断した私はアイナメ釣りに専念せずに、ポイントを移動することにいたしました。

005.JPG

丹念に色々なところを探れば、倍はアイナメが釣れるはずですが、同じサイズばかりではつまりません。

改造した竿でもう少しマシな獲物を釣りたいという気持ちが先行し、「メイタでも狙うか!」と言う気持ちが優先したのです。

満潮が夕方の6時半ぐらいだったと記憶していましたので、須崎のメイタ〜チヌポイントに移動。

暫くは、な〜んにも、アタリすらありません。

実績の高いポイントを探りますと、妙なアタリ。

すぐさま活きの良いアオムシを付け替えて、底付近を探りますと、
ガツガツ・・・と言うアタリ。

間違いなくメイタのアタリです。

すかさずアワセますと、竿が弧を描いて曲がります。

ですが、たいしたサイズではないのは経験から一目瞭然。

すぐ傍にいた青年が「掬いましょうか?」と、タモを出してくださったので、掬っていただきました。

006.JPG

去年は嫌と言うほど釣れた3歳魚のメイタです。
だいたい31〜32センチぐらいでしょうか。

今年の初メイタです。
(BSPで釣れたキビレは割愛しています。)

狙って釣れたものは、それなり・・・ですが、たまたま釣れた獲物はほとんど嬉しくはありません。

今回のメイタは、狙ったのですが、なんだか嬉しくありません。

去年の残像が残っていますからでしょうか?

その直後に先ほどタモを出してくださった青年にもメイタが!!

007.JPG

雨が降る中、私と青年は1時間ほどの釣り談義。

色々な情報を得ました。

物腰の柔らかな好青年でした。

彼は岩虫を使っていました。
30グラム買ったそうです。

「・・・・・・・・・」

今時の若者はしっかりしています。

この青年とは、今後も須崎で度々会うことになりそうです。

20年以上通っている私とポイントがバッティングしています。

彼はメイタ〜チヌを狙うルートを決めているそうです。

須崎Aポイント→須崎Bポイント→須崎Cポイント→BSP→中央埠頭の他の場所→東浜のポイント→箱崎埠頭
・・・と言うように。

いつか書いたことがありますが、こう言った引き出しの多い釣り人は必ず釣果が良いものです。

つまり、彼が箱崎埠頭に現れるのは極々稀で、それ以前のポイントが全滅と言うことなのです。
(そのような時は、どこに行っても釣れない事がほとんどです。)

話が変わりますが、メバルの話で盛り上がりました。

彼も「今年は湾奥では全くメバルが釣れませんでしたが、海釣り公園では簡単に釣れました・・・」と。

「全く博多湾の湾奥では釣れませんでした!」と、言い切る彼に妙な親近感を覚えました。

さもあらん。

彼の真摯な言動に妙な暖かさを感じながらお別れいたしました。

恐らく、また須崎で会うかと思います。

久しぶりにまた会いたい釣り人は私よりも20歳以上も年下の方でした。(笑)

















posted by ジャズフィッシュ at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。