春爛漫!!でも博多湾は・・・・??

 GWの最終日、(企業によっては8日までと言うところもあるかと思いますが、暦どおりですと今日が最終日)福岡近郊のあるところに足をのばしました。

002.JPG

昨年も「歳々年々、年年歳歳」のことを語ったので、今年は割愛させていただきます。(笑)


綺麗でしょう??


花を見て綺麗だなどとは・・・40代半ばを過ぎてしてしか思えませんでした。
我ながら少し、大人の仲間になった気がいたします。(笑)

その昔、カミサンが「コスモスが見たい!!ひまわりが見たい!!」というのが全く理解できませんでしたが、ようやくわかってきたような気がいたします。

気がするだけで、何もわかってないかも・・・・・?

今日は穏やかな晴れの天気でしかも無風でした。

絶好の釣り日和」と、お思いのあなた、ソレは違います。

釣りの本質が全く理解で来ていません。

釣りモノにもよりますが、少なくともこのような日にはメイタ〜チヌ、セイゴ〜スズキには向いていません。

コレは断言できます。

理由は何でしょうか?

次回、解説いたします・・・・。

「また、無理矢理読ませんのか??」と、お思いのあなた・・・。
ソレは違いますぜ。

私は残念ながら、策士ではありません。
自分自身でそのことは十二分に承知しています。

駆け引きが大嫌い・・・な、性分でございます。

 さて、用事が終わった私は夜になって箱崎埠頭に寄りました。

釣りをするつもりではありません。

マーケティングと言うヤツです。

誰か、セイゴの夜釣りでもしていないかな〜と、思いまして・・・。

箱崎埠頭に着きますと、竿が曲がってタモを出している青年に遭遇。

005.JPG

いきなりのコウイカでした。

青年いわく、「今日は志賀島でミズイカを狙っていたんですが、釣れなくて・・・、どうしてもイカが釣りたかったので・・・」と。

青年の仕掛けを見させていただきました。

006.JPG

3号の蛍光オモリを下につけて、エサ巻きスッテにキビナゴを巻いていました。

この仕掛けを遠投し、底をずらしながらのただ巻き。

周りを見渡しますと、

007.JPG

7〜8組ほどのグループがいますが、すべてコウイカ狙いの方ばかりです。

彼氏と一緒に来ている釣りガールもいました。

残念ながら、セイゴ狙いの釣り人は誰一人いません。

例の浮遊泥のせいかもしれませんが、釣れていないようです。

ちなみに、箱崎埠頭でも埠頭の際から1メートルほど離れた場所に、「白いあぶくの帯」が出来ていました。

浮遊泥がなくならない限り博多湾の湾奥の釣りはままならないような気がいたします。

この浮遊泥が浄化されるのはいつになることやら??







posted by ジャズフィッシュ at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。