母の手術の日に 2

 麻生飯塚病院を3時過ぎに出た私は、多の津の流通センターからまっすぐ直進して箱崎埠頭に行きました。

はやと丸が着く岸壁では、マキエを撒いてウキ釣りをしている「気になる方」がいました。

007.JPG

17センチほどのメバルをオキアミで1匹釣っていました。

この1匹のメバルがこの後の私の計画を台無しにしてしまいました。(笑)

エサも買っていない私はいよいよこの場所にもメバルが付き始めたか・・・・などと勝手に思い込んでしまったのです。

例年であれば、この場所で夜釣りでメバルは釣れるはずです。

コレはもしかすると、須崎のメバルポイントにもメバルが来ているかも???・・・などと、淡い期待を抱いてポイント築港店に行き、特売しているハリスを即買いして、青虫を50グラムだけ買いました。

須崎に行きますと、いつもの鉄人爺ちゃんがいまして、離れた場所をうろつくと、どこかで見たような顔の
御仁が・・・。

須崎の宮田釣具の店主です。

チヌの掛かり竿に小さな両軸受けリールをつけてなにやらサビキ釣りをしています。

「アジゴ狙いですか〜!」と、尋ねますと、
「釣れんバッテン、来んと状況がわからんけん!!」と、苦笑いしながらの返事。

まさに・・・。

それから、小1時間ほど色々と釣り談義。

落とし込み釣りのこと、
ハゼすら釣れないこと、
渓流釣りのこと、
そしてメバル釣りのこと、

「昨日くさ、あのへんば、夜釣りでメバルば探ってみたけど、なんもアタラんやったばい!!」との返事。

あのへん」というのが、私にとってもメバルの須崎の鉄板ポイントなのです。

そうか・・・、まだメバルが釣れないか・・・とぼやいていると、

「今年は少ないバッテン、来たら尺メバルが多かげな!!」との返事。
「うちにエサを買いに来る人がおんしゃーけど、場所はなかなか教えてくれんバイ!人工島あたりと言いよったごたーけど・・・」

そうか、人工島のどこかで密かに立ち入り禁止区域にでも入って、こっそりと良い思いをしているのだろうと・・・とも思いました。(笑)

だからといって、人工島にポイントを探しに行くほどのパッションもこの年ではなんとなく気まずい。

「コレはもう、やはり暗くなるのを待って箱崎埠頭に行くしかない!!」とも、思いました。

宮田釣具の店主も何も釣れずに納竿して、私も箱崎に向かうことにしました。



posted by ジャズフィッシュ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!