やはりユニクロは凄い!

 ユニクロの会長兼社長の柳井さんが東北沖地震被害者の方々に個人で10億円寄付するとのこと。

凄い経営者だ。

こんな方がCEOだったら社員もさぞかし誇らしいだろう。

さらに、ユニクロの商品を7億円分寄付するとのことである。

それに比べると電力会社の対応のおぞまいいこと・・・!!

お話にならない。

役員には天下り官僚も多いと聞く。本当かどうかは知らないが・・・。

九州に住んでりゃ、九電以外に電力会社などないからね・・・。

ここが問題なのだ。
そもそも独禁法などと言う概念がこの業界にはない。

特に九電は40%の電力を原子力に頼っているとのことを通勤時ラジオで聞いた。

放射能漏れでもあったら、役員全員が懲戒免職ぐらいでは済まされる問題ではないのでは?

菅総理大臣が東電に激怒したらしいが、初めてリーダーたる部分を垣間見たような気がする。

電力料金の見直しも抜本的に国会で審議するべき内容ではないか?
役員の天下り官僚も考慮して、それが僅か1世帯アタリ数円、数十円でも本来不要な金額だったら問題視するべきだ。

天下り官僚の採用の理由、その整合性は完全に透明化しなければならない。

電力会社とは、本来そのような会社であってよいはずであろう。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000019-maip-bus_all



http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/496402/
posted by ジャズフィッシュ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北沖地震の影響 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!