エギのチューン

 去年は1度も使わなかったエギをチェックしました。

エサでコウイカを釣るのはあまりに退屈すぎるので、やらなくなりましたが、エギング自体もここ数年やっていませんでした。・・・・(汗)

やらなくなった理由は、水イカを釣りきらないからです。

ここが重要です。釣れないのではなく、私が単に釣りきらないだけ。(笑)

7〜8年ほど前は野北漁港はもとより、唐津の先の湊漁港や志賀島の赤灯台などにもよく行っていました。
がしかし、エギで水イカを釣ったためしがありません。

気が短いので、釣れないとすぐにイライラします。

10投位してみて何の反応もないと・・・・ダメです!!

エギングをしなくなった事件がありました。

小型のスピニングリールにホワイトのPEラインを巻いて、エギング用のロッドまで新調して志賀島の赤灯台先端のテトラから投げ続けること1時間半・・・。
投げても、しゃくっても、ただ巻きしても・・・ウンともスンとも・・・・。

そのときに会釈をして私から2メートルほどしか離れていないテトラに立った青年が1投目から水イカを掛けて難なく釣り上げました。

私は・・・・・・・・!!・・・・・・・!!
グラグラこいて、それ以来エギングをしていません。(笑)

コウイカをエギで博多湾内で釣ったことは何度もあります。

水イカをアジゴをエサにして釣ったことも数あります。

ですが、エギでミズイカを釣ったことがないのです。
「近場釣り師人生最大の汚点」なのかもしれません。

もう一つ理由があります。

メイタ〜チヌ釣りに飽きて、セイゴ〜スズキ釣りにも半ば飽きていた頃に出会って夢中になり始めたのが
メバル釣りです。

それまでは沖防でメバルなど釣れても見向きもせずに捨てていました。(笑)
リリースなどと言う紳士的な言葉ではなく、本当に舌打ちをして反対側に投げていました。

「クロダイ釣り師の性」というものかもしれません。
クロダイ以外は魚じゃない・・・、とばかり

ところが実際に大きな尺メバルを狙うとなると、全く釣れません。

一気にメバル釣りにヒートアップしてしまいました。

実はメバルが良く釣れる時期とミズイカが良く釣れる時期はバッティングするのです。

4月〜6月はメバル一辺倒になります。
ミズイカなど狙っている場合じゃねぇ〜とばかり、メバルを探し回ります。

考えてみると、7年ほどエギでミズイカを狙っていないのです。

002.JPG

エギはある程度持っていますが、まさに宝の持ち腐れ状態。

今年もミズイカを狙うつもりは今のところありません。

30センチオーバーのクロメバルを釣るまではミズイカどころのお話では・・・・。

が、メバルが釣れる時期でも暗くなるまでモンゴウイカでも狙ってみようと思ってエギを眺めています。





posted by ジャズフィッシュ at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。