博多湾はただいま「失意の海」と化しています!?

 前回須崎埠頭でお会いした若者の情報でセイゴの入れ食いポイントに出かけました。

002.JPG

大型も出るとのことで、タモも用意しました。(タモを用意すると、不吉な予感・・・笑)

釣り場がばれてしまいますが、このようにして竿を出しました。

003.JPG


ですが、待てど暮らせど・・・・・アタリ・・・なし。

オマケに北風が強くて白波が立っています。
漁師さんはウサギが跳ねているという表現をいたしますが、そんなかわいいものではありません。

竿の位置を変えたり、リールを少しずつ巻いたりしましたが・・・・アタリ・・・なしです。

先般お会いした若者が嘘をついているとは思えません。

日が悪かった・・・・と言うことでしょう。

なので、竿をたたんで箱崎でメバルを狙うことにしました。

006.JPG

船の際には乗組員さんの自転車がありました。

ここでもアタリすらなし。

ルアーを投げている青年に遭遇。

当然のことながら釣れてはいません。

同じ箱崎埠頭内を移動して最後のポイントに行きました。

007.JPG

ここがわかる方は、「博多湾マイスター」でございます。

ここはメバルの聖域でございますがウンともスンともアタリなし。

こんなに釣れないことは過去経験したことがありません。

ブログのURLのようにいつも「ボウズは覚悟」していますが、それは個人的にチヌを狙ってセイゴが10匹釣れてもボウズと同じと言う意味で、
何も釣れない正真正銘のボウズとは意味合いが違います。

私は完全ボウズなどあまり経験したことがないのですが、今年の今の博多湾はまさに「失意の海」「試練の場所」でしかありません。

須崎埠頭でカレイが釣れたなどといっても、年金暮らしの毎日来る常連さんが3日に1匹程度の釣果です。

これでカレイが釣れるなどと表現するのが良いのかどうか・・・・。

休みの日の夕方からしか釣りをしないと決めている私にとってはほとんど無関係な情報です。

それにしても、今年の博多湾の湾奥は最悪ですな〜!!

「釣りって、こんなに面白くなかったかな〜!?」と、行く度に不満が増すばかりです。




posted by ジャズフィッシュ at 22:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://zry7wtn.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月19日 03:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!