志賀島〜箱崎埠頭の釣り 2

 志賀島に向かう途中に箱崎埠頭の投げ釣りポイントに寄って行きました。
016.JPG

誰一人釣り人がいません。
防波堤の端っこにカラスや海鳥も止まっていません。

最近の博多湾の釣果を物語っています。(笑)

香椎浜を抜けて、雁の巣を越えていつもの1本道。

018.JPG

私はここを通って行くときは西戸崎まで左車線を50〜60キロ以下で必ず走るようにしています。
必ずです。

私自身スピード違反で捕まったことはありませんが、過去何度となくスピード違反で捕まったドライバーをたくさん目撃しています。

写真を撮って1キロほど行った所でやはりスピード測定器を持った警察が岩の後ろに隠れていました。

私の横を飛ばして追い抜いていったドライバーが次々にその500メートルほど先にパトカーや白バイがいるところで停められていました。

「アーメン!!」でございます。

こんな見晴らしのよい直線なのに制限速度は50キロの標識が立っています。

その気になったら「入れ食い」でスピード違反を検挙できるポイントでございます。

ここと大岳海岸の付近は要注意です。

さて、志賀島の海水浴場側に着いて穴釣りの仕掛けを作りました。

002.JPG

すでに私と同じ考えの方が先端で穴釣りをしています。



020.JPG

先客とは違う右側でエサをつけて穴に次々と落としていきますが、ここですら生命反応ゼロです。

天気もいいし、大潮の干潮間際で最高なはず・・・ですが・・・・。

005.JPG

いつもは魚が潜んでいるお宝のポイントも今日はただ単に足場が滑りやすいロクでもない釣り場
にしか見えてきません。

004.JPG

あまりにアタリがないので先客のところにノコノコと足元を気にしながら、

「釣れますか〜?」と声をかけますと、

「全く魚の気配がしませんね〜」との返事。

心の中で「神よ、救いたまえ!!」と言ってしまいました。(笑)

なんとも無慈悲な・・・。

志賀島までやってきて、穴釣りですら魚信がないとは・・・・。

神にも見放された私メは、しばらく干潮時のタイドプールを見て廻りました。

バフンウニやムラサキウニやニナはいますが、サザエはいません。
1つや2つぐらいいてもよさそうなものですが・・・。

落胆もせずに、周囲を歩いて見て廻ることにいたしました。




posted by ジャズフィッシュ at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!