釣り女が山女の次に流行ると言うが・・・!!

 ネット・サーフィンをしていると面白い記事に出会いました。

まずは参照を・・・。

参照はこちら⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110130-00000001-sh_mon-bus_all

        ⇒http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110104/dms1101041615015-n1.htm

        ⇒http://www.globis.jp/1543


私は山女という言葉もそれが流行っている事も知らなかった。(汗)

山女の次に釣り女だって?


ちょっと単純すぎやしねぇか?


釣具の大手メーカーは新しいセグメントを求めて、女性向けの釣具やウェアーを開発しているという。

かねがね私は釣りは「1場所 2エサ 3仕掛け」の格言ではないが、実際そう思っている。

魚がいないとき、魚がいないところでいくら名人・達人・神様が釣ってもたいした釣果はあがらない。


 話が外れたので、釣りと女性に戻そう。

私が知りうる限り女性で生きエサを扱える方は少ない。
青虫や岩虫、モえびや岩ガニなど・・・。

むしろこんなの平気・・・と、いう女性がかえって恐ろしい。(笑)

釣りの本質は道具やウェアーなどではない。

これだけは断じて、拷問にあっても言えることだ。

釣具メーカーは新たなターゲットに釣具を売らねばならないから、けしかけるかもしれないが、
本来的には既存の釣具で十分なはずである。

釣り人口が減っているという。

喜ぶことか、悲しむことか、私にはなんとも言えない。

さりとて釣り場に女性がたくさん押し寄せるとも思えない。

「オイシイとこ取り」が関の山ではないか?

今の時期に博多湾湾奥で一人で釣りをしている女性がいたら・・・本当の釣り師かもしれない。(笑)
いわんや、夜釣りなど・・・。

虫が怖い。
トイレがない。
日焼けが困る。

これらを超越した女性もある意味恐ろしい。

「釣り女」とか「釣りガール」というネーミングもイマイチどころのお話ではない。

なんだか関心しないネーミングだ。



posted by ジャズ、フィッシュ at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 釣りガール 釣り女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。