寒ブリ豊漁にみる海の異変

 寒ブリが豊漁だそうです。

東シナ海で生まれたブリは対馬海流に沿って日本海を北上してUターンして再び東シナ海に戻ってくるそうですが、そのブリの通り道が狭まっているそうです。

なんでもブリは冷たい海流と暖かい海流の間を通る習性があるとのことが報道ステーションで言われていました。

なるほど・・・・とは思いましたが、安近短釣り師の私には対馬海流のブリの通り道が狭まったところで釣れない事実には何ら変わりがありません。(笑)

沖合いでブリなどたくさん取れなくても良いから、近場でカレイ・アイナメ、メバル・スズキがたくさん釣れるようになることだけを願うのです。

今から懸念しているのはカナギ(イカナゴ)が今年はどうなるのだろうか・・・・と言うこと。

船でここ何年も釣りに行っていません。

カナギをエサにした胴付き釣りが大好きです。

アラカブ・メバル・チヌ・スズキ・ヒラメ・アコウ・タカバ・マダイ・青物・・などが本当に簡単に釣れます。

今となっては「昔話」になってしまいそうです。

「活きカナギ」の威力を知らない方はサッパリでしょうが、春先の船からのエサではカナギにかなうエサはありません。

去年も、その前の年も全面禁漁でした。

玄界灘のカナギが壊滅的に激減しているとのことでした。

長年「春の風物詩」のようにカナギをエサに釣らせてくださる釣り船に乗り込んでいましたが、今となってはそれもできない状態です。

博多湾は今、海水温の低下で釣れるべき魚もほとんどいるのかいないのかもわからない状態です。

夏は煮えるように熱い海水温になるかと思えば、冬はトコトン冷たくなっています。

コレでは釣りになりません。

ご存知の通り水は比熱が大きいので温まりにくく冷めにくい性質があります。
いったん冷めた海水温はたった1日天気になったぐらいでは温まりません。

釣れない状況は暫く続きそうです。

海釣り公園ではコノシロがサビキで釣れているようですが、金を出してまで釣りたいとは思いません。

だからとて、糸島や志賀島に行っても良い釣果は望めそうにもありません。(今のところ・・・)

ここはやはり、「動かざること山の如し」を決め込むほうが良いのかな〜?

「こんなクソ寒い時期に夕方から夜にかけて釣りに行くなんて・・・!!」と、呆れられます。
「金を貰っても行きたくない!」とも言われます。

ですが、金を払ってでも海に糸をたらしたくなるのが釣りバカの所以です。

釣りをしない方からすれば、本当に「馬鹿野郎!!」ですね。





posted by ジャズフィッシュ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!