15年振りの釣り場で「市長金髪効果」!?

 さて、一瀬翔さんが紹介するオークションビジネス大全集はお蔭様で関連ブログまで入れると、思っていなかったほどのダウンロードが
あったようです。

とてもとても無料ではありえない内容だったと思います。

特にイーベイから何を仕入れるかという部分は・・・・。

いつになるかわかりませんが、今回のような情報がありましたらまたブログでご紹介させていただきます。

このブログの読者のあなたに「つまらない情報」を提供することはありません。
それだけは信じてください。

さて釣りのことですが、「井手チャンポン」を出てから、今津の日赤病院前の海岸のドン詰まりまで行きました。

019.JPG

来て見てびっくり。

15年前は桟橋に柵などなかったのですが・・・・。

ここは桟橋先端から主に右側に投げるとマコガレイとイシガレイがよく釣れたポイントなのですが、柵ギリギリのところから右側に投げてみることにしました。

024.JPG

4本用意しましたが、とりあえず2本投げてみることにいたしました。

ウンともスンともアタリがなく、リールを巻くと、
025.JPG

もう1本もリールを巻くと、

026.JPG

フグがかかったハリ以外はすべて、どなたかにハリスごと切られています。

「フグの聖地」だと悟った私は、1投目で断念。

以前はなかった遊歩道を歩いてみることにしました。

021.JPG

さすがに先端までは行く気がしません。(笑)

水深もないし、こんなところでは何も釣れそうにもありません。

このあたりで、ルアーでシーバスが釣れるような記事を最近見ましたが、やってみる気にすらなららないほどの強風。

干潮のときに石をはぐって、岩ガニを獲るのには良いところかもしれません。

帰りに見た看板がこれです。

023.JPG

ウニ・アワビ・サザエ・アサリ等の魚介類をとったり、所持したり、、売ったり すると
3年以下の懲役若しくは200万以下の罰金・・・と書かれています。

更に、「知っていますか、海のルール」だって。

確かに金を出して稚貝を買い集めて、海で大きくさせているのであろうが、
純粋な天然モノとばら撒いたものとの区別などわからないので、所持していただけでも罰金若しくは懲役だなんて・・・。

刑法罰の重い刑を順番に並べると、「死刑・懲役・禁固・罰金・拘留・科料」となります。
頭文字をならべますと「しちょうきんばつこうか」つまり、「市長金髪効果」と覚えればよいのです。

「3年以下の懲役だなんて・・・・!」

ちなみに懲役は刑務所の中で労役に服する罰で、禁固はひたすら牢屋の中にいることの違いであるが、どちらも御免こうむりたい。

元来無主の動産は「無主物先占」といって、民法では見つけたもののものとなるはずだし、アワビだろうが、サザエだろうが稚貝を放って大きくなったものと証明できなければ、罰せられる筋合いなどないはずではないか?

まあ、私はどれもが大好きな食べ物だが、獲ろうとは思わないので、無関係だけどね。

こんなところで、カワハギを釣るためにスーパーでアサリなどを買ってハリに付けて投げ釣りしていると、3年以下の懲役になってもしんないぞ。

所持していただけで懲役若しくは罰金だなんて・・・。(笑)
神も仏もない問答無用のルールだ。

そんなことよりも、ここで釣れないのであれば、やはり糸島のHOMEの野北漁港に行くしかないか・・・。





posted by ジャズフィッシュ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!