冬の雨天は気は滅入りますが・・・!!

 2日間雨です。
師走の時期には珍しいかも知れません。

さすがに朝から雨ですと、釣りに行く気などおこりはいたしません。(苦笑)

なので、過日修理を依頼していたマッサージ・チェアーの修理を今日して頂くことにしました。

全く動かなくなって、数年間ほったらかしにしていたのですが、あるものは修理して使おう・・と、妻と話して、修理することにいたしました。

業者の方がこられて、慣れた手捌きでホイホイ・・と言う感じで修理するのを眺めていました。

001.JPG

マッサージチェアーの後ろを開けて、モーターの部分を開けています。

「へぇ〜、こんなんなってるんですね〜!」などと私は傍で感嘆しながらデジカメのシャッターを押すと、
業者の方は半ば呆れ顔でした。

まさか釣りブログに載せられるなんて、思いもしていないと思います。(笑)

002.JPG

なんとなくわかるようで、サッパリわかりません。

メカ音痴ではありませんが、マッサージ・チェアーの機械を見たのは初めてです。

1時間ほど掛かって修理は完了しました。

003.JPG

作業完了でございます。

この歳になると、落とし込み釣りは実は右腕と腰に負担が掛かります。

右腕だけで竿を持ち、魚のアタリがあると素早くアワセなければなりませんし、ズ〜ッと探るのは案外腕に負担が掛かります。

さらに、防波堤や埠頭の先端から落ちないようにギリギリのところでバランスをとる姿勢をするために、腰に負担が掛かります。

釣れたら釣れたで、水汲みバケツで海水を汲んだり、しゃがみこんでエサをつけたりと、知らず知らずのうちにヒンズー・スクワットを
数百回していることにもなります。

釣りに夢中になっているとき、特に釣れるときは気にもいたしませんが、次の日は体がアチコチ痛いのでございます。

20代30代のときは、こんなことは全く感じませんでしたが、さすがに歳を感じます。

夜釣りが多いのですが、月明かりだけでハリを結んで、ガン玉をつけていたのが、最近はLEDライトがあっても良く見えません。(笑)

頭ではわかっていても、おっくうにもなります。

なので、定期的に体のメンテナンスは怠ってはいませんが、更なるメンテナンスのためのマッサージ・チェアーの修理です。

今月は、仕事が忙しいので釣りに行く暇は余りありませんが、基本的にいつでもスタンバイしておくのが釣り人としての
あるべき姿だと思っています。

釣れる釣れないは今月は関係ありません。

竿を出せるか、出せないか・・・が私にとっては重要です。
posted by ジャズフィッシュ at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!