何が何でもメバル釣り 2

 1級ポイントにメバルがいないので、仕方なく最盛期はあまり竿を出さないポイントに向かいました。

1投目から「姪浜漁港名物」のシマイサキが釣れました。

048.JPG

20cm程度の可愛いヤツです。
オマケに寒いせいか、浮き袋をふくらませて鳴きませんでした。
実に1年ぶりほどの再会です。
博多湾内では、このシマイサキはここでしか釣ったことがありません。

それから再びアタリがありますが、ガツガツ・コツコツと言うアタリで、断じてメバルではありません。

犯人は、この方!

054.JPG

当歳チビメイタです。

20メートルほど場所を変えると、中層で妙なアタリ。

もしかしたら・・・、との予感は的中し、やっと、これが釣れました。

053.JPG

その後にも、

052.JPG
051.JPG

3匹続けて釣れましたが、後は「ストーレン・モーメンツ」!

さっぱりです。
ウンも、スンも、アタリすらありません。

この時期になると、夜風が身にしみます。
特に釣れない時は、更に心に穴が開きます。(苦笑)

博多湾近郊で釣りをしてブログを書かれている方は、しきりに博多湾にメバルが入ってきたようなことを書かれていますが、
私にはどうにも、そうは思えません。

あまりにも数が少な過ぎるからです。

今回釣った3匹のメバルも「居つき」のものじゃ〜ないかと思うのです。
更に、ソイやタケノコメバルが姿を現しません。

とても、とても本格化した状況ではないと、思えるのです。

7月、8月でさえ稀に釣れるメバルですが、ほとんどのメバルが博多湾から出て行くこともないように思えます。
夏場はどこで何をしているのか、GPSをメバルの背中に搭載して調べてみたいものです。

posted by ジャズフィッシュ at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!