荒津オイルセンター西側先端でカレイねらいのはずが・・・。

 スズキの泳がせ釣りをしている年配の方に会釈をしてその場を去り、周囲をゆっくりとクルマで回りました。

ところどころに釣り人がいまして、皆さんサビキ釣りをしています。

例の赤茶色の排水溝の脇でも3人ほど竿を出しています。
私はここでは竿を出す勇気がありません。(笑)

正面のメイタ〜チヌのポイントには釣り人がいません。

西側先端に着きますと、一人の年配の方が竿を出す準備をされていました。
常連さんのようです。

「単なる退屈しのぎ・・・・やけん!」と、苦笑いしながら竿を出されていました。

私も1本だけ竿を出してジェット天秤の20号に市販の投げ釣り仕掛けをつけて、「エイや!」とばかり、遠投。

最近のこの場所の近況を尋ねましたが、良い返事はありませんでした。

私が使った竿はヒラマサ用の磯竿の5号で、遠投する際はかなりの威力を発揮いたします。

オモリが海底について余分なイトを巻き取り、仕掛けをずらして手を離した瞬間に竿先にアタリがあります。
竿を持って少し送り込ませてからアワセますと、サカナが付いているようです。

リールを巻いて釣れあがった魚は、なんと27〜28センチのキス。


028.JPG

私の親指から小指までの長さが21センチです。
手のひらを当てると、残りが6〜7センチありましたので27センチか28センチくらいのキスでした。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、丸々として太いキスです。

隣の常連さんも、「いい型のキスですね〜、こんなのが10本も釣れるといいんやけどね〜!」と、ニッコリ。

船釣りではこのサイズはいくらでも釣ったことがあるので、驚くこともありませんでしたが、
エサを付け替えて同じポイントに投げ込んでアタリを待ちます。

027.JPG

時間だけが徒に過ぎていきまして、お隣さんと釣り情報を交換。

つい先日大岳海岸にカレイ狙いに行き、フグしか釣れなかったそうです。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

30分ほどしてアタリがあり、キスよりも小さなセイゴが釣れました。(苦笑)

それから又暫くアタリもなく、退屈しっぱなし。

常連さんは竿をたたんで、挨拶をしていなくなりました。

更に何匹かセイゴを追加しましたが、大きくても30センチぐらいです。

退屈なので、磯竿を出して折角モエビを買ったので、ウキ釣りをすることにしました。

040.JPG

私のお気に入りのウキを使うことにしました。

テトラの切れ端や岩場のところを底スレスレで流しますと、ウキが沈んだのでアワセますと、
釣れたのは何と・・・・・・・この方。

044.JPG

メバルバリの8号によくかかったものです。(苦笑)

「あんたは誰?」と言いつつ、リリース。

エサをアオムシに換えて流すと、再びウキが沈んでいきました。

でも・・・・・・・・・・。
釣れたのはこの方。


039.JPG

いつものように膨らんでいますが、可愛いやつです。

まともなサカナがいないことを悟り、投げ竿も磯竿もたたんで、道具を片付けてしまいました。

036.JPG

きれいな夕日を眺めながら、エサもたっぷり残っているし、「折角だから姪浜にメバル狙いにでも行くか!」などと、
一人で「太陽に吠えろ!ごっこ」していました。








posted by ジャズフィッシュ at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!