訃報

 本日午前中から自宅に電話がありまして、会社の同僚のお父さんが亡くなられたとのことでした。

実は私自身同僚のお父さんには釣りでかなりお世話になっているのです。

今から15年ほど前に、このお父さんは芦屋に船を持っていまして、キス釣りや鯛釣りによく連れて行ってくださいました。

芦屋の射爆場前の川の流れ込み付近では、30センチほどもあるキスをたくさん釣らせていただきました。
(そのときからにキスはこんなにも大きくなるのだ・・・と、いうことを知りました。)

更に釣った魚を公平に分ける方法も教えていただきました。

鯛釣りでは、外道のカナトフグの食べ方も教わりましたし、鯛釣りに使うテンヤの作り方を教えていただきました。
ケプラーをテンヤオモリに通してハリを結ぶ方法など、懇切丁寧に教えていただいた記憶があります。

更に、船の持ち主ばかりの船小屋で釣った魚で酒盛りした記憶もあります。
ホッタテ小屋でしたが、釣り人ばかりが集まって、色々な情報を得ることができました。

私にとっては、夢のような時間でした。

変な女性が横に座って驚く料金を取られる飲み屋などより100倍は居心地が良いものでした。(苦笑)

あれから15年・・・・・・・。

同僚のお父さんも年を取り船を手放したことは聞いてはいましたが、釣り好きの方が釣りにいけないのは本当に悲しいだろうな〜、と思っていました。

今回このような形でしかお会いできなかったことがつくづく残念です。

この場を借りまして、ご冥福申し上げますとともに
私もあの世に行った際は、是非とも一緒に魚釣りをしたい方です。

私の同僚もそれまではそんなに釣り好きでもなかったのですが、今では私をしのぐほどの釣りバカになっているようです。

もう一度、大きなキスを一緒に釣りたいものです。

お通夜の席では写真を見て、色々な思い出が頭の中を過ぎりました。

私も当時は30代半ばで、生意気で血気盛んな年頃でしたので、失礼な言動はなかっただろうか・・などと、改めて反省したりもしています。

   合掌








posted by ジャズフィッシュ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!