近場に移動しても!

 海上保安庁の船が入ってきて移動を余儀なくされました。

なので、中央埠頭の先端部分に行きました。

私を除いては、ほぼ全員がサビキ釣りをしています。

そこへ、モエビをつけてこっそりと落とし込み。

最初に釣れたのはこの方です。

012.JPG

名前を覚えていますか?

「ヨコスジフエダイ」と言います。
漁師さんや、釣り船の船頭さんは「アカイサキ」と言いますが、学名でそんなサカナはいません。(笑)

このサカナを釣ってビックリしたのが、口の中からハゼの仲間の小魚が飛び出してきたことです。
しかも生きていました。
写真の左側のサカナです。

大して大きくもないくせに、こんな魚を食べるとは・・・・。

それにしても、なかなかハンサムなサカナです。(メスでしたら美女かな?)

大きさも12〜13センチありますが、どうにもならないサイズですよね?

船釣りですと、アジゴをエサにヒラメを狙っているときに釣れるこのサカナは50センチオーバーになります。
私も、船から何度か50センチほどのこのサカナを釣ったことがあります。

この魚以外にチャリコやクサフグが多くとてもとても、メイタ〜チヌがいるような雰囲気ではありません。

ここは自分ですぐに撤収。

魚をビクに生かしておきました。

011.JPG

だんだん、夕マズメが近づいていますから、もっと大きな魚が釣れるだろうと予想して、この魚はすべてリリースしました。

コレが吉なのか、凶なのかはこの時点では不明です。

ですが、イチイチクーラーに入れるのも面倒なので、リリースです。(笑)

さて時間は、6時前です。

モエビもアオムシもあるので、箱崎埠頭に向かうことにしました。


続く






posted by ジャズフィッシュ at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。