釣りバカ鉄人レース VOL1

 私が勝手に命名した「釣りバカ鉄人レース」と言うものについて説明いたします。

夜明け前から釣り場に入り、夜釣りまでするという少しアンポンタンなレースです。

レースと言っても、誰かと何かを競うわけではありません。

優勝もなければ、ビリもありません。

一人で夜明け前から、夜までず〜っと釣りをするだけです。

勿論、釣り場はどんどん移動いたします。
狙う釣りモノも変わります。

時間にすると、15時間ぐらいでしょうか?

これをやると、ヘトヘトになります。
これをやった挙句に釣果がたいしたことがないと、心が折れそうになります。(笑)

ですが、いろいろな釣りがしたいという方は、この釣りバカ鉄人レースはやり甲斐があります。

釣果はともかく、その時々で自分の勘を信じて、やれるだけのことをやる企画です。

サビキをして、投げ釣りをして、落とし込みをして、ルアー釣りもする・・・と言うような、無鉄砲・無秩序な釣りなのです。

私自身、この釣りバカ鉄人レースを若い頃は良くやっていました。

当然、妻や息子が朝に起きる前から家を出ます。
帰ってくるのは夜の10時ごろが多いのですが、

こんなことばかりしていると妻から「どちらさんでしたっけ?」と、皮肉を言われます。

真似をしろなどとは、絶対に言いません。
こんなことを頻繁にすると、それこそ離婚届がいつの間にやら書かれていると思います。(笑)

ですが、若い頃はこんなおバカなことをよくやっていました。

今回は久々のミッションです。

まずは、朝から昼までキビナゴをエサにしてサワラを狙うこと。
昼からは能古島に渡り、アイナメやクジメを爆釣の予定、
帰りの夜にメバルの試し釣りをすること、

大ざっぱな計画です。

とりあえず大まかな計画を立てて、実行に移します。

当然ながら、海が相手ですと、計画はすぐに変更になります。(笑)

なので、内容はともかく即座に軌道修正できます。

当初の計画通りに行くことはほぼありません。

ですが、これもまた面白いものです。

何でも自分がイメージしたとおりにならないので、面白いこともあるのです。


ほんとに久しぶりに釣りバカ鉄人レースをいたしました。

釣果についてもやったことについても刻銘に書いていきたいと思います。

お楽しみに!

posted by ジャズフィッシュ at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!