博多湾のメイタを自ら食することになった!

 今回は釣りの話ではなく、釣れたメイタを食べてみるというお話です。

「博多湾で釣れた魚を食べるのはどうも・・・・!」とか、
「箱崎埠頭で釣れた魚は油臭いから、食べない!」だとか、
釣りをされる方ですと、誰もが耳にしている言葉だと思います。

つまり、「博多湾で釣れた魚を食べるやつはアホだ!」みたいな風潮が多いのは事実です・・よね?
ですが、これにはなんら確証もありません。

つまりは口コミの噂なのです。

で、今回は私自らが博多湾、しかも箱崎埠頭で釣れたメイタを食べてみることにいたしました。

素材は、はやと丸が着く付近で釣れた31センチのメイタと25センチほどのメイタです。
前の記事にもアップしましたが、今一度アップいたします。

015.JPG

これを刺身にします。

刺身にするといっても私がするわけではありません。
昔魚屋さんをやっていた方が捌いてくださいました。
さすがに上手です。
私も、刺身を作ることはできます。


026.JPG

写真左中央部分にあるのが、メイタの刺身です。

拡大すると、


025.JPG

こんな感じです。

妻と息子が私の帰宅前に既に食べていました。

妻いわく、「美味しかったよ!」とのこと。

私の妻は、自慢ではありませんが、なかなか美味しいと言いません。(苦笑)

少々美味しいものですら、「まあまあ、やね!」としか言わないヒトです。

料理は得意ですし、味にうるさいヒトです。

彼女が、「美味しい!」と言うからにはそれなりの期待が持てます。

食べてみると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「実に、美味しい!」「旨い!」

「箱崎埠頭のメイタが油臭い」などという噂は全くの誤った情報・噂の流布でしかありません。

私は、嗅覚も聴覚も正常以上です。
つまり、普通よりは良いと言うことです。

ですが、全くにおい等いたしません。

これが臭いと言うのであれば、養殖モノの魚など何を食わせているかわからないものですから、こちらのほうが臭いかもしれません。

脂が乗っていて、甘みがあって、刺身としては旨い部類です。

次はこれ。

001.JPG

メイタの煮付けです。

私自身魚の煮付けが好きなほうではありません。

醤油プラス砂糖の組み合わせが苦手なのです。

なので、みたらしダンゴなど大嫌いですし、佃煮系統はほとんど食べません。

餅を焼いて、砂糖醤油で食べるなど、石を抱かされようと、ロウソクであぶられようと、食べません。

ですが、このメイタの煮付けはかなりの高得点です。

釣れたてのアラカブの煮付けよりも美味しいかもしれません。

脂がよく乗っていて、臭みなどこれまた皆無です。

タカノツメを入れていることもあり、ピリッと辛くてスイスイ食べれますし、酒にも良く合います。

きちんと血抜きをして、氷がたくさん入ったクーラーに入れて帰れば、こんなにも美味しく食べれる魚なのですね。

釣り歴45年以上の私が、改めてメイタの美味しさに舌鼓を打った記念すべき日でもありました。

ヒトの噂を気にせず、自分で試すことの必要性を改めて感じた日でもありました。

だまされたと思って、一度食べてみてはいかがですか?

私があなたを騙したところで、なんら得ることもないということをご配慮してください。(苦笑)








posted by ジャズフィッシュ at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!