久しぶりの夜の姪浜漁港

 野北からおよそ40分で姪浜に着きました。

私自身、あまりスピードを出すほうではありませんから、こんなもんです。

釣る時間も短く、エサも残り少ないので、本命のポイントのみに絞ることにしましたが、釣り場について唖然!

036.JPG

一番釣れるはずのポイントに見慣れない船が係留してあるではありませんか!

野北のカラスの呪いかも・・・・?

今まで何度もここへ来て、こんな場所に船が止めてあることなどありませんでした。

今日は、何もかもがついていません。

仕方なく先端に直行。


033.JPG

波止の先端から見るマリノアの夜景は綺麗ですが、見飽きるほど何度も見ていますので今更・・・・。

先端にアオムシをつけて落とし込むと、すぐさまアタリがありました。

20センチ程度のメイタです。

更にその付近を探ると、先ほどのメイタより幾分大きなメイタがすぐに釣れました。

ですが、その後が続きません。

一ヒロぐらいのところで妙なアタリ。
送り込んで慎重にあわせると、とっても軽い20センチほどのセイゴ。

「なんじゃ〜?」

035.JPG

どうと言うことのない連中しか釣れません。
しかも、探れば大物がいるような気配も皆無。

全く胸騒ぎもしませんので、エサを捨ててこれらの魚を逃がして、姪浜からも撤収することに決めました。

こんな釣れない状況では粘るだけ時間の無駄です。

姪浜での竿出しはわずか15分ぐらいで終わりました。
シマイサキも来ていません。
チヌの気配もゼロ。

潮は悪くなかったはずなのですが、水温に問題があったのか時期的には釣れるべき魚がほとんど釣れませんでした。

こんなことも、よくあることです。
別にどうと言うこともないのです。

野北まで行き、帰り際に姪浜によって持ち帰る魚はゼロ!

クーラーの中にはクラッシュアイスが半ば溶けかけたものが2袋。
帰って、これで水割りでも作りますバイ!


posted by ジャズフィッシュ at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!