泥棒猫の「タマ」は実は味にうるさい猫だった!!

 スズキの70センチが釣れた中央埠頭にはしばらく行きません。

東浜の御笠川沿いの堤防も恐らく2〜3年は行かないかも。

まあ、それだけアタリが少なかったということです。

なので、行きつけのポイントに行きました。

大きめのアオムシがあんまりいないということで、かなり戦意喪失。


003.JPG

う〜ン。キス釣りにはもってこいかもしれないし、メバル釣りにもこれぐらいの大きさがベストかもしれない。
だが、チヌやスズキ狙いには、アピール度がイマイチどころかイマサンぐらいだ。

いつものポイントでいつもの場所にエサをつけて落とし込むと、、次々にメイタが釣れるのであるが、当歳メイタが圧倒的に多い。

004.JPG

まるで、バッカンが金魚すくい状態だ。

こんなメイタががいくら釣れても面白くもなんともない・・・・・・・・!!!

更にバカみたいにメイタを釣っていると、、いつの間にかあの「タマ」が近くで横になって私のほうを見つめている。

暗くなると、足音も立てずにいつの間にか忍び寄っているのだね、これが。

「おお〜、タマじゃねぇえか!タマ!」と声をかけると、「ニャ〜!」と返事をしてくれたので、「待ってろ!すぐにお前の大好物を釣るからな!」と言って真剣モードになるが、どうにもアタリがない。

アタリはベイトフィッシュのボラの子だらけ。
気持ち悪いほどウジャウジャ泳いでいて、時折何かに襲われると、ザ〜ッと音を立てて逃げ惑っている。

犯人はこいつだ。

013.JPG

20センチほどのミニセイゴ。

驚いたことに、「タマ」は知らん顔。

ハゼか釣れてタマに差し出すと、やはり・・・・・・・・・・!


014.JPG

知らん顔。

際を狙っていると、水深1・5メートルぐらいのところでアタリがあり、強烈に引くのでチヌとばかり思っていたら、とんでもないものがアオムシで釣れました。

2分近くやり取りをして浮いてきたのがこの方。

007.JPG

45センチほどのボラです。

「サイテー!」と、唸ってしまいました。

竿捌きやドラッグの調節の練習にはなりましたが、こいつばかりはどうにもいけません。

ボラとコノシロはリリースします。(捨てると言うほうが正確です)

タマがどういう反応を示すのか・・・差し出すと、・・・・、

009.JPG

「こんなもん、ワイにどうせっちーゆーの?」と言った表情をしていました。

なので、ボラを海に投げ入れると、元気よく泳いでいきました。

セイゴもハゼも、ボラもだめ?

当歳メイタを釣ると、すぐさま足元に寄って来て、メイタをおねだりするではありませんか?

「メイタば好いとうちゃね〜!」と、声をかける暇もなく、メイタを銜えてどこかに入ってしまいました。
デジカメで写真を撮る暇すらありません。

51センチのチヌを釣ったときもタマは寝そべったままで、知らん顔をしていましたし、どうやらタマのお気に入りは「当歳メイタ」みたいです。

アタリもなく、ウキ釣りもだめでした。

今日は、金魚のような手のひらのメイタばかり・・・・。

帰り際、車のところでタマが私を待っていました。

「今日は、まだ一匹しかもらっとらんぞ!もう帰るんかい!」てな、表情をしていました。

「今日は、ボラぐらいしか大物が釣れんやった・・・、許せ!お前のために当歳メイタをこれ以上釣る気力がない!」と、挨拶して、車に乗り込みました。

タマは車の外で私をにらんでいます。
「おい、おい!」

車の中で聴いたのがマイルス・ディビスのこのアルバム。

>>>>http://hakatanojazzbaka.seesaa.net/?1282661955

マイルス・ディビスの「アマンドラ」
泣けるぜ!!

posted by ジャズフィッシュ at 23:58 | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!