御笠川の河口で70センチのスズキ!

 1時から3時まで甲子園大会を凝視していました。
結果はご存知だと思いますから・・・・・・・・割愛させていただきやす。

今日は、昨日早期撤収した残りのエサがあるので、行きつけのポイントではなく、近場でほとんど行かないポイントに行きました。

016.JPG

東浜の船溜のところで、「ちはや丸」が停泊しているところです。
御笠川の河口に位置するところですね。

ルアーマンはよく釣りをしていますが、エサ釣りの方はあまりいません。

なので、あえて行くことにしました。

019.JPG

道具はチヌの51センチが釣れてから、いつものパターンですが、さすがに渓流竿は持って行きません。

落とし込み釣りから始めると、2歳魚が1枚だけで当歳魚のメイタはほぼ入れ食いですが、全く大物の気配がありません。
今日はすべてリリースです。

何か様子が違います。

磯竿を出して、ウキをつけてハリには大きめのアオムシをつけて流しましたが、ウキが引き込まれ釣れたのはこの方です。

020.JPG

ジャ〜ン!恐怖のハゼどん・・です。

エサが海底を這っているのですが、まあ河口だからこの方がいても当然ですが、
磯竿の1.5号、丸セイゴ11号のハリにハリス3号をつけて、ハゼとは・・・・!!

諦めと見切りが早い私は、ハゼが釣れたことで場所を移動することにしました。

対岸のマリンメッセがある中央埠頭の御笠川の河口に移動です。

ここは先ほどのポイントと違い深さはかなり深く、満潮時で5ヒロは楽にあります。

ですが、今日は底狙いでチヌを獲る気になりません。(気配を感じません)
長年の勘ですが、チヌが釣れる雰囲気はゼロに限りなく近いのです。

思いっきりタナを浅くして(1メートル)、ウキを投げ込み、リールのドラッグを緩めて竿がもっていかれないようにセットして、落とし込み釣りをしましたが、2歳魚のメイタが1枚釣れただけです。

いつものポイントに行っておけば良かった・・・・・・・・・・・と、思いながら落とし込みをしていると、ドラッグから糸が出て行く音がしています。
ケミホタルがトップについたウキも勿論ありません。

大きくあわせると、確かな手ごたえ・・です。

たいしたことはない・・・と思い、強引にリールを巻いて、エラ荒いなども無視して近くに寄せました。

水銀灯の明かりに映るその魚体は55センチ程度のフッコぐらいだろうと思い、ひたすら強引な取り込みをしました。

途中何度かドラッグを緩めてミチイトを出しましたが、55センチのフッコなどバレようとも惜しくもなんともない・・・とばかり、余裕でタモに入れました。

ところが、海面から持ち上げるときにやたら重いのでなんか違うな〜と思いつつタモを地面に下ろすと、
思っていたよりかなりでかいスズキでした。

メジャーで測るとジャスト70センチ。


022.JPG

須崎で落とし込みで仕留めた63センチのスズキ以来のスズキですが、
先日行きつけのポイントでバラしたモンスター・スズキとは比べようがありません。

近くで一部始終を見ていたお孫さんを連れた釣り人にプレゼント。

日曜日は妻は仕事が休みで、こんなスズキを捌く人もいませんし・・・・・・・・。

「こんな、大物いただいてもいいんですか・・・?」と、恐縮されましたが、貰って頂いたこちらのほうが感謝する次第です。

最後の逆転劇で今日の釣りは納竿。

釣れた魚もすべてリリースして今日はボウズではありませんが、手ぶらでの帰宅。

風呂に入っていると、妻が「今日は何も釣れんかったとね〜?」と、浴室の扉越しに尋ねてきましたので、

「まあ、そんなところ・・・・!」と、なまくらな返事。

自分が描いたとおりの釣りには、なかなかならないものです。





posted by ジャズフィッシュ at 01:16 | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。