釣り具の限界を考える

 わたしはこの数年専らハンドメイドの落とし込みの竿を使っていることはこのブログでたびたび紹介していますが、
実を言うと落とし込みの竿一つとっても完全な物も70%満足するものもない・・・と言うのが現実だ。

一流メーカーの落とし込みの竿もほとんどがつまらない代物ばかりだ。

誰が、テスターをしているのかも興味がないが、実にツマラン!!!

更に、落とし込みの竿自体が季節的な商品として僅かに売られている程度。

どうしてそうなるのかと言うと、
落とし込みに使う竿もリールもタモも高価なものが多いからではないか?

すでに、ここでマーケティングの第1歩を踏み外している。

こんなに高いと、近づく人も少なくなる。

こうした道具の高さの割りには進化していない。

振り出し式で穂先が白でミニクロガイドがたくさん付いているおかげで、予め仕掛けをセットできない構造になっている。

リールにしても、ただ単に木ゴマリールを真似たアルミダイカストのワンピースの構造のり−ルがバカ高く売られているが、
この釣りを理解していない。

テスター連中がお世辞ばかり言っているから進化しないのだ。

はっきり言うが、どのメーカーの竿もリールも完成度は限りなく低い。

目印のイトもそうだし、すべてにおいて完成度は低い。

エサ箱一つとっても、あるメーカーの物は一つの木をくりぬいたもので、1個2万もするが、値段はともかく
この釣りを閉鎖的なものにしている。
そんなモノは、元来不要だ!
断じていらない!
こんな物を作っているメーカーの戦略も嫌いだ!

更に最悪なのが釣具メーカー主催の釣り大会。

私はかねてから、こんな大会をするメーカーが大嫌いである!!

時間制限を決めて、ポイントを交替したりして総重量を競ったりするが、
「お前らバカか?」と、言いたい。

私が釣りをするのは囲碁や将棋のような段位制もないし、誰もが釣れる可能性があることに魅力を感じている。

金儲けの手先になって竿の1本貰えるから・・などとノコノコと参加料を払って釣り大会などに出るヤツの気が知れない。

私なら、金貰ってもそんな釣りは御免だ!!

以前沖防で落とし込み釣り大会に出て2位になったと言う男と釣り場で出会ったが、生意気な野郎でもう一言でも喋ったら本当に海に蹴落としたくなる気分だった。

私は人当たりが悪い方ではないが、そのときばかりは、
「あんたの話には興味がないから、俺に話しかけるな!」と、怒鳴ってしまった。

「たかがチヌの40センチ級を数枚釣ったところで、したり顔スンナ!」と、思ったものだ。

そんな経験など何十回もしているわい!バカめ!

以来ますます、釣り大会に嫌悪感を示すようになった。

私はジャズも好きだが、アルバムを1000枚持っているからジャズ1級、10000枚のアルバムでジャズ3段などといった馬鹿げたことがないから高校生の時から35年以上も聴いていられるのだ。

釣りの世界に段位制や競技を求めるヤツとは決して仲良くなることもない。

またそんなこと、そんなモノに権威や憧れを感じるヤツとも釣りなどしたくもない。

スゴイだとか、うまいだとかは二の次なの!!!
自分が楽しいことが一番!!!

ハンドメイドの竿を持っているおじさんに「一緒に釣り大会!にでましょう!」と言う言葉はタブーですバイ!!

そんなモノに何ら価値観をも感じない釣りバカもココにいるんです。









posted by ジャズフィッシュ at 00:58 | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。