8月1日のテレビ「情熱大陸」をご覧になりました?

 8月1日の夜の11時からの「情熱大陸」をご覧になりました?

大学卒業後に会社員経験を2年して世界中の巨大魚を追っかけている青年の物語でした。

「たいした収入もないのに、釣りばかりしやがって・・・・・・!!」と、思う方がほとんどではなかったでしょうか?

「俺もあんなふうに親から食わせてもらって好き勝手な釣りがしたい!」と思われた方もいたでしょう。

ですが、私は少し違った意見を持ちました。

それは、親に甘えられるならば、トコトン好きな釣りをやるのも人生であると言うことです。

記憶が正確ではないかもしれませんが、その方は1975年生まれだったと思います。
今年で36歳ですね。

勿論、独身でしょうが、番組の中で彼女がいて「2メートルを超える魚を釣ったら、プロポーズします!」といった言葉も印象的でした。

番組の中でエサ釣りですが、220センチのヨーロッパ大ナマズを釣り上げるシーンがありました。

喜びのあまり、泥の上で大ナマズに抱きついていたのが印象的でした。

彼女にプロポーズしたのでしょうか?

どうせ同じ人生であれば、好き勝手なことをして楽しく過ごす方が良いに決まっています。

公務員や一流企業に勤めても、この方の名前など何ら残らないかもしれませんが、釣りの分野では本を2冊出されているとことで、
確実に知る人ぞ知るアンポンタンともいえ、歴史に残るかもしれません。

ほとんどの方が経験できないことを自分の意志でやり遂げると言うことは、なかなかできるものではありません。

世間の常識や世間体などにとらわれていると、こんなことは絶対にできっこありません。

世界各国の巨大魚を釣ることがこの方のミッションであり、パッションなのです。

妬みや僻みが全くないといえばウソになります。

俺もこんなことがしたかった・・・・・・・・・・!

だから、あえて応援したくなりました。

近い休みの日には、ジュンク堂にでも行ってこの方の本でも買います。
僅かな印税が彼に入りますからね。

こんな青年が好きです。
アンポンタンに敬意をこめて応援いたします。










posted by ジャズフィッシュ at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。