メイタ初心者のビギナーズ・ラック!

 久々にメイタ釣り初心者と一緒に釣りに行くことになりました。

今まで、かなりの方に落とし込み釣りを教えてきましたが、本当に久々です。

須崎埠頭のいつもの場所に行くことにしました。

夕方の7時がド干潮なので、下げ潮の6分ぐらいに現地で釣り開始。

今回一緒に行ったK君は勿論落とし込み釣りが初めてとのことで、釣具は私が昔使っていたダイワのアモルファス・ウスカーの落とし込み竿と一番シンプルな両軸受けリールを使うように準備しました。

天気が良すぎるほどのピーカンで、ジッとしているだけで汗がポトリポトリ・・・と、落ちるほどの蒸し暑さです。

ミチイトとハリスの結び方を先日K君には教えていましたので、基本的な仕掛けの作り方を教えれば何とかなるはずです。
ハリは、イト付きのチヌバリ1号の物を買っていただきました。

エサはアオムシですが、エサのつけ方も1回で覚えてくれたようで、いよいよ釣り開始。

チヌのポイントは下げ潮なのか、アジゴがエサをつつくだけで、場所を50メートルほど移動。

K君がいつものサイズのクロを釣ってくれました。

画像 855.jpg

続いて同じ場所で、いつものサイズのメイタも釣りました。

画像 856.jpg

釣りに夢中になっていると、なぜかカメが泳いでいました。
勿論ウミガメではありません。

面白半分にタモで掬うと、すばしっこく逃げ回ります。

画像 857.jpg

再び海にもどすと、沖に向かって泳いで行きましたが、
池にすむ亀なのに、大丈夫かな〜???

その後もクロやメイタが退屈しない程度に散発的に釣れました。

K君はサカナが掛かってバラシもあったようで、ハリスを飛ばされていました。
大物だったのかな?

日が暮れて、最後にK君が30センチほどのセイゴを釣りあげました。

画像 860.jpg

この時点で納竿にいたしました。

見切り千両も大事です。

K君が「今日は楽しかったです!」と言ってくれたおかげで、気分が楽になりました。
初心者を連れて行くときは、「釣れるといいが・・!」と、いつも気になるものです。

今日は爆釣とはいえませんが、まあボチボチの結果でした。

帰り際に、今日K君が使った竿とリールをそっくりそのままプレゼントすることにいたしました。

私は、何本も竿をもっていますし、使いもしない竿を持っていても意味がありません。

落とし込み釣りが簡単で、ソコソコの釣りが楽しめることが分かっていただければ、それでOKです。

後は、K君がリールのミチイトを変えたり、ハリスにこだわったりするかどうかは別問題です。
そうでなくても構いませんが。(笑)

まあ、初めての方に釣れてよかった・・・・・・!と、一安心。


帰り際は、このアルバムを聞いて帰りました。

>>>>http://hakatanojazzbaka.seesaa.net/article/157364039.html

気分がいいときは最高のアルバムですバイ!!




posted by ジャズフィッシュ at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!