やっと晴れたので、須崎埠頭に行きました!!

 大雨が止んで、やっと晴れ間が見られるようになりました。

自宅の周辺の街路樹には、はやくもクマゼミ君たちが「ワシワシワシワシ・・・」と、忙しなく鳴き始めました。
毎年のことですが、福岡市内はとにかく、やたら、クマゼミが多いとは思いませんか?
ニイニイゼミやアブラゼミやツクツクボウシもクマゼミに圧倒されていなくなったのではないでしょうか?
8月に入るとクマゼミの大合唱で寝ていられません!(苦笑)

今日は、しばらく釣りにいけませんでしたので、「博多の夏のチヌ釣り教室」は休講です。(笑)

ブログなど書いている場合ではないと、日焼け目的も兼ねて、真昼間から釣り場に出かけることにしました。

途中、ポイント築港店にモエビを買いに行きましたが、小さいものしかいないので「販売中止」だそうです。
「ガ〜ン!!」

モエビが手に入らないと、苦戦は必至。
仕方なく、アオムシと岩ガニを買って目指す須崎に行きました。
と、言ってもポイント築港店から2〜3分ですけどね。(目指さなくても、すぐに着きます)

海の色を見てビックリ!!
どぶ川のように、濁っています。


画像 771.jpg

那珂川の水が流れてきたのでしょうか、抹茶色です。

この水の色が吉と出るか、凶と出るか・・・!



画像 789.jpg

岩ガニを付けて探ってみましたが・・・・・シ〜ン・・・・・。

アタリがないので、太目のアオムシを長めにたらしてハリにつけると、すぐさまアタリがありました。

画像 772.jpg

30センチ弱のメイタが釣れました。

更に何枚かメイタを釣って、かなり上のほうでアタッタのはクロでした。

画像 774.jpg

何を食べているのか知りませんが、丸々としています。

水深50センチぐらいでアタッテきます。

更に妙なアタリ方をした犯人はこの方。


画像 779.jpg

須崎埠頭では常連さんのタケノコメバルですね。

その後もメイタがチラリホラリ、パラパラと釣れて、ひとまずこの場所から撤収するようにしました。

同じ須崎埠頭なのですが、いくつもあるポイントの別の場所に行くことにしました。

25センチ〜30センチのメイタをこの時点で7枚、クロ1枚、タケノコメバルを1枚釣っていますので、他のポイントでボウズでも構いません。

こういう展開が気分的に楽です。

次回は移動した場所での結果をご報告いたします。

タグ:須崎埠頭
posted by ジャズフィッシュ at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!