博多の夏のチヌ釣り教室 その3(竿)

 前回に引き続き落とし込みの竿の話を少し補足させていただきます。

落とし込みの竿は、磯竿や投げ釣りの竿とは違って、竿先でアタリを感じてあわせて釣る竿ですから、より感度や使いやすさ、ホールド感などが求められます。

さらに竿先の柔らかさで、魚の食い込みに差がでます。

だからと言ってチヌのいかだ竿のようにあまりにベランベランですと、あわせてもハリ掛かりしないのは前回も言ったとおりです。

また釣れる対象魚がチヌの60センチ、スズキの1メートルと言うのも無謀な話ではありませんので、ある程度コシが強く、タメがきく竿でなければなりません。

更に落とし込みで使うハリスもミチイトもそれほど太くはありませんから、竿そのものに弾力性がないと、ハリスなどすぐに飛ばされます。

何年も使っている竿ですと、2センチぐらいのクサフグであろうと、アタリもわかりますし、ハリを落とせば、これも釣り上げることができます。
あたりだけの何のサカナがエサをつついているのかがわかるようになります。
また、そうならねばなりません。

姪浜漁港の中で、秋口に手の平ほどのカワハギが湧くことがありますが、このときは袖型6号ぐらいのハリを使うとたやすく釣れます。

フグやカワハギのアタリが鮮明に分かるような竿でなければならないということに加えて、デカ版のチヌ、スズキにも対処できる竿でなければなりません。

落とし込み釣りをある程度何年かされた方はお分かりでしょうが、落し込みの竿は驚くほどポテンシャルが高く、どんな大物が掛かってもイトがらみなどしていなければ、竿が折れると言うことは絶対にありません。

穂先に糸が絡んでいるか、竿にキズが入っている場合を除いて、まともな釣り方で竿が折れるようなことは経験がありません。

今年の春先もハンドメイドの2・7メートルの竿でスズキの63センチを上げましたが、全く竿の心配などしませんでした。
沖防でも、落とし込みの竿で80センチオーバーのスズキを何本か釣っていますので、見かけよりも落とし込みの竿は丈夫なのです。

しかしながら、そんな私が気にしているのは常に、リールシートと竿尻の長さです。

市販品のほとんどが、意味なく長い、本当になんでこんなに長いのかが分かりません。

どなたの意見でこの距離になったのかわかりませんが、研究不足も甚だしいのでは?

竿尻にリールシートが近いほうがスナップをきかせやすいですし、持ち重りもいたしません。

私もチヌはこれまで数百匹釣っていますが、無駄な長さがいつも気になります。
わざと使いづらくしているような気がします。

更に、落とし込む釣りの竿は、3メートル以下のモノはほとんどありません。

この釣りをされる方は少ないですし、需要が少ないだけに、細分化が遅れている分野です。

どこのメーカーも似たりよったりの竿しか作りません。

非常に遅れている分野です。

フィールドテスターなどの意見しか聞かないようではロクな竿しかできないに決まっています。








posted by ジャズ、フィッシュ at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。