博多の夏のチヌ釣り教室 その1

 今回から数回にわたり、落とし込みでチヌを釣る方法を書きたいと思います。

「落とし込み釣りって、難しいんでしょう?」と、言われますが、難しくもあり、一番簡単な釣りでもあるということが言えると思います。
ですが、経験と自信に裏付けられた仕掛けが作れないと、上達いたしません。

道具や仕掛けがシンプルなだけに、細部に至るまで神経を使うべき釣りですので、私は是非ともチヌの落とし込み釣りは多くの方に知っていただきたい釣りだと思って、今回より書くことにしました。
この釣りをマスターすれば、どんな釣りも簡単にマスターできます。

釣りの仕掛けの基本は、イトとハリを結ぶこと。イトとイトを結ぶこと。状況に応じた重さのオモリをつけること、だと思います。

「釣りが好きだ!」と、言いながらハリとイトを結べない方がおられますが、これは絶対にタブーです。

図解入りで、ハリとイトの結び方まで書けませんので、割愛させていただきますが、釣りの基本書なりを一冊買って、何が何でもマスターしてください。

本には何パターンかの結び方が紹介されていますが、自分が一番覚えやすいやり方を1つでいいですから身につけるべきことです。

これはもう絶対です。

初心者の方であれば、尚更今のうちに是非ともマスターしておいてください。

釣り場の状況に応じてハリを交換する。根がかりでハリがなくなったから、ハリを付け直すなどは、日常茶飯事のことです。
更に、大物を釣った後は必ずハリスのチェックをしてイトを自分で引っ張ってみることも必要です。

これすら出来ないようでは、上手くはなれませんし、なかなか大物とは出会えません。

私もこれまでたくさんの方にいろいろな釣りを教えてきましたが、必ず彼ら達に言った言葉は、
「ハリとイトが結べるように!イトとイトを結べるように!」と、言うことです。

ビギナーズラックで大物が釣れたとしても、よく考えてみてください。

あなたがその場所を選び、仕掛けを自分で作り、エサを考え、時間帯をも考えた・・・ということは、まずないと思います。

先輩に連れて行っていただき、仕掛けを作ってもらい、アーデモナイ、コーデモナイと言われながら釣った魚は「釣らせていただいたサカナ」であって、あなたの腕前や勘などは失礼ですが、ほとんど関係ありません。

それでも嬉しいと言われると、何とも言いようがありません。(笑)

自分で釣りの計画を立て、場所はどこ、仕掛けはどうする、エサは何にする、どういった釣り方をするかと言った一連のシュミレーションが一人で出来るようになるための、初めの一歩がハリとイトを結ぶ、イトとイトを結ぶと言うことなのです。

会社の上司に誘われて、竿とリールは持っているが、釣り糸やハリがない・・・と言う方がいますが、私には理解できない状況です。
単なる、お付き合いや社交辞令で釣り道具らしき物を買っただけで、恐らく家の中で邪魔なモノになっているはずです。
クルマがあっても、タイヤが4本ないも同然です。

釣りで重要なモノは、竿とリールだけではありません。

むしろ、イトであり、ハリであり、オモリなのです。
魚と直接接する部分ですからね。

これも含めて、チヌの落とし込み釣りには釣りに必要な要素が凝縮されているものなのです。

以後、少々辛らつなことを書くかもしれませんが、私の記事を読んで、一人でも多くの方が自分ひとりで釣りを組み立てて、大物をゲットしたと言う知らせがあれば、私には自分で釣るより数倍嬉しいことです。

















posted by ジャズ、フィッシュ at 23:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

釣りブログの波止釣りから来ました。

ageageintaと申します。

何度か立ち寄りました。

今後も安・近・短・で活躍してください^^^
又、寄ります^^^
Posted by takao/ageageinta at 2010年07月09日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。