釣りは恐ろしい!

 前回、良い釣りをした須崎に今日も行きました。

柳の下の2匹目のチヌ・セイゴを狙いに行ったのです。

竿も前回と同じものを使いました。

画像 671.jpg


タモも出していて、準備万端!!

モエビをハリに刺して前回と同じポイントを狙うのですが、
まったくアタリなし。

ウンとも、スンとも竿先にアタリが出ません。

まあ、こんなことは良くあることですが、さすがに1時間近くやっていると、
「おかしいな〜?」
「今日は、サナカの休日か?」
「嫌な予感。暗雲の兆し」

などと言う言葉が、脳裏を駆け巡ります。

やっと、底でモエビをつけてアタリがあったと思ったら、20センチほどのハゼ。

「ますますもって、不吉な前兆?」

潮は上げ潮だし、あたりも薄暗くなっていいコンデションなのに〜!

そうしているうちに竿先にアタリがあり釣れたのは、この方。

画像 672.jpg

どうと言うことのない、何ら変哲もない30センチほどのセイゴ。

それから周囲は暗くなり、ケミホタルのミニを折って、いろいろなポイントを探るが、ダメ!

これ以上ここにいてもムダだし、今日は納竿・・・・・・とばかり、仕掛けを切り、クルマに乗り込んで帰宅しました。

同じ場所で、こんなにも釣れないことがあるのかと思うと、改めて釣りは怖いゲームだと思った次第です。


まあ、だからといって嫌になることもないのですが・・・。(笑)

良いときもあれば、悪いときもある。

ただそれだけ。











posted by ジャズフィッシュ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!