姪浜を諦めて荒津オイルセンターへ

 さてさて、あっさりと姪浜漁港に見切りをつけて、前回大物らしきメバルをバラした荒津オイルセンターに行きました。

姪浜漁港から10分です。

さすがに、天気も気候もよいので、アチコチに釣り人がいます。

例のコウイカ掬いの常連さんたちもいました。
クルマのガラスを下げて、会釈しながら挨拶だけはいたしました。

先日、バラしたところで竿を出して、10回ほど上げたり下げたりしていると、ナニモノかがエサをくわえて引っ張っている感じです。

やや重く、鈍く・・・・・・・・・・!!

ゆっくりと竿先を送り込むと、竿先がこれまたゆっくり曲がっています。

このような時は、得てして大物の可能性が高いものです。

一段と竿先を曲げたところで大きくアワセました。

水深が浅いところでかかったせいか、エラ荒いの様なことをやっていますが、色は白っぽくはありません。

竿を左手で持って、ミチイトを右手で掴んで抜き上げると、20cmオーバーのメバルです。
「予想的中!!」と思い、バケツの中にメバルを入れてその近辺を探りますが、15センチほどのメバルが1匹釣れただけ!

もう2〜3匹釣れると良いのですが・・・・・・!

画像 488.jpg

ぬるい海水の入った組みバケツに入れていたせいか、メバルは瀕死の状態でした。

手を広げて測ると23センチほどです。

深追いはやめて、ココで納竿することにしました。

画像 489.jpg

クーラーに入れたのはこれらの魚です。

今年は、それほどメバルが多くはありません。

と、言うか釣り人も多いせいもあり、年年少なくなっています。

「入れ食い」を何度も経験しているので、どうにもかったるい気分です。

3年ほど前ですが、須崎埠頭のあるポイントで、アオムシ50グラムで60匹以上のメバルや30センチ前後のセイゴを10匹ほど釣った記憶があります。

長く釣りをやっていると、そんなときに、そんな状況に稀に出くわします。

今年は、まだまだ爆釣りに出会っていませんバイ!!





posted by ジャズフィッシュ at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!