G.Wはメバル一直線!!

 博多の街は今日から「博多どんたく」ですね。

全国から220万人にも来るそうですが、釣りバカにはほとんど、全く、全然、これっぽっちも無関係です。
(笑)
今日は実に天気が良く、日中の最高気温は26度まで上がったそうです。

夕方まで、DVDを見ていました。
ロバート・デニーロが出る「ザ・ダイバー」です。
大好きな映画なので、買って何回も見ていますが、最後は必ず涙します!!

で、夕方の5時頃からポイント築港店でエサを買い、荒津大橋の下に行くことにしました。

さすがに天気も良くて、釣り人がたくさん来ています。

須崎埠頭の常連さんがいました。

クルマ止めに船釣り用の竿受けをつけて磯竿でセイゴを狙っています。(恐るべし!)

画像 449.jpg

エサはアオムシとのことですが・・・釣れていませんでした。

当然といえば、当然です。
(エラそうに言ってすみませんが、本当のことなので・・・・!)

私の経験上、この時期に日中のウキ釣りでアオムシをエサにセイゴ〜スズキが釣れることのほうが稀です。
やるのであれば、日中のエサは「大き目のモエビ」でないと、まず釣れません。

アオムシをエサにするのであれば、夜釣りです。

裏を返せば、大き目のモエビが手に入らなければ、日中にセイゴ〜スズキを狙うことはタブーです。

このことはメバルにも言えます。

日中にメバルを狙うのであれば、アオムシではほぼ釣れません。

どういうわけか、夕マズメぐらいからエサが逆転します。

夜釣りでは、モエビよりもアオムシのほうが良く釣れます。
これは、セイゴ〜スズキ、メバルに共通するセオリーなのです。

夕マズメに、荒津大橋の下でメバルがアタリました。

画像 451.jpg

15センチほどのメバルですが、丸々と肥えていて可愛いヤツです。

段々薄暗くなると、1ヒロから1メートルのレンジで釣れます。

決して底狙いではありません。
どうかすると、水深50センチぐらいのところで、食ってきて驚かされます。

今日は、18時55分がド干潮なためか、アタリは頻繁ではありませんでしたが、
ポイントを探って何とかお土産ぐらいは釣れましたので、夜の8時過ぎに納竿。

画像 453.jpg

全部で15匹。

今日は、メバルオンリーで、セイゴもアタリませんでした。

型、数共にイマイチどころかイマサンぐらいですが、これも自然の摂理。
釣れないときは、とっとと帰宅する。(アーメン!)
これも、自然の摂理。

須崎埠頭ではコウイカが釣れ始めているようで、所々にスミの跡がありました。

私は、コウイカ釣りは苦手です。
苦手ではなく、嫌いです。

アタリもなく、釣れても感動もなく、退屈極まりない上にクーラーがスミだらけになるので、ここ数年していません。
しようとも、思いません。

まあ、日没までに狙うにはいいかもしれませんが、道具を片付けるのが面倒なため私はしません。

5月イッパイは、とにかくメバルを狙います。

もう少し暖かくなると、メバルは姿をくらましますから!!

posted by ジャズフィッシュ at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!